【比較表あり】freeeのプランはどれがいい?一番安いので十分?

「freeeのプランはどれがおすすめ?」

「わかりやすく比較してほしい」

 

上記のような疑問にお答えします。

 

会計事務所歴5年のホスメモ がお答えします。

 

基本的には一番安いスタータープランで十分です。確定申告書もつくれますし。

 

売上が1,000万円を超える規模の事業者さんなら、プレミアムプランですかね。

電話サポート、税務調査サポートがつきますので。

 



freeeのプランを比較しました

freeeのプランを比較してみました。

 

名称 月額料金 プラン名 人気度 特徴解説
freee 1,180円〜 スターター ★★★★★ 初心者向けの会計ソフト。簿記が分からなくても仕訳がつくれる。基本的には自動仕訳で帳簿を作るイメージ。消費税申告書を作るなら、スタンダードプラン以上を。
freee 2,380円〜 スタンダード ★★★☆☆ 消費税の申告書を作成できるのが特徴。消費税で還付や納付申告されている方はこちらを選ぶべき。ただし、プレミアムプランのほうがお得感がある。
freee 39,800円/年 プレミアム ★★★★★ 電話サポートが受けれるのは、プレミアムプランだけ。消費税申告書の作成、税務調査保証もついているので、スタンダードプランよりもずいぶん安い。

 

かけだしのフリーランスさんや副業のサラリーマンさんはスタータープランで十分です。

 

いっぽうで売上が1,000万円を超えている等の理由で、消費税の申告が必要な方はスタンダードかプレミアムプランを選ぶべきですね。

 

とくにプラミアムプランは、電話サポートと税務調査保証がついてくるのでかなりお得です。

 

1、スタータープラン

基本的にはスタータープランで十分です。

確定申告書がつくれるので、これで事足りる方がほとんど。

 

ただし、下記に該当する方はスタンダードやプレミアムプランも検討したほうがいいですよ。

  1. 売上や経費の推移を分析したい
  2. 消費税の申告をしている
  3. 税務調査に備えたい

 

スタータープランでは、月次推移表が作れないです。

 

たとえば7月と8月の売上、経費、利益を比べて「どうして変動があったんだろう?」と分析するときに推移表が作れないと不便ですね。

 

消費税の申告書も作れないため、ユーザー規模としては年間売上が1,000万円以下を想定していると思います。

 

freeeでは独自に「税務調査保証」サービスを展開していて、これはプラミアムプランのみ対象です。

 

上記の3つに該当しないのであれば、スタータープランにしましょう。

 

2、スタンダードプラン

スタンダードプランにすると、消費税の申告書を作成できるようになります。

また月次推移表も作れるようになります。

 

スタンダードプランのメリットはこれぐらいで、正直言ってしまうと微妙です。

 

というのも、スタータープランの約2倍の料金なのに、消費税の申告書と推移表作成だけって‥なんだか損している気持ちになりませんか?

 

プレミアムプランは年間で39,800円かかりますが、スタンダードプランは28,560円で差額は11,240円だけ。

 

これなら電話サポートと税務調査保証サービスがついているプレミアムプランのほうがいいと思います。

 

3、プレミアムプラン

プレミアムプランになると、サービスが一気に充実します。

 

  1. 電話サポート
  2. 税務調査保証
  3. 他社ソフトからの乗り換え代行

 

とくに税務調査保証サービスはfreeeだけなので、画期的ですね。

 

とはいえ、保証対象は税務調査の立ち合い費用のみのため、保証は限定的。

 

税務調査になるかかる費用は、

 

  1. 修正申告の作成費用(ない場合もある)
  2. 追徴課税(ない場合もある)
  3. 税務調査立ち合い費用

 

上記の3つがかかります。

 

①と②は、きちんと税法を理解して低リスクな処理をしていれば、修正なしで終わる税務調査もあります。

 

いっぽうで③は、税理士を雇えば税務調査の立ち合い費用はかかるので、これに対して保証がききます。

 

立ち合い費用の相場は、一日あたり5万円です。

個人の税務調査は一日だけで終わることは多いですね。法人だと2~3日かかることもありますが。

 

ちなみに個人事業主が税務調査に入られる確率についてまとめた記事があるので、参考にしてください。

 

ホスメモ:どのくらいの確率で税務調査に入られるの?【個人事業主向け】

 

給与ソフトも検討してみよう

「プレミアムプランもいいかも」と考えている方は、おそらく従業員を雇っていて給与ソフトも必要だとおもいます。

 

給与ソフトで必要な機能は、

 

  1. 給与計算
  2. 年末調整
  3. 法定調書

 

ですかね。

 

とくに年末調整は重要で、年末調整の機能があれば源泉徴収票を作成できます。

 

よく「従業員から源泉徴収票をください」といわれませんか?

 

源泉徴収票は人事労務freeeで作成できますよ。

人事労務freee:源泉徴収票・源泉徴収簿の発行

 

というわけで人事労務freeeがおすすめでした。

マネーフォワードや弥生会計にも給与ソフトはありますが、操作性や機能を考えると人事労務freeeが一番です。

 

給与ソフトの比較表も載せておきますね。

 

名称 月額料金 おすすめプラン 人気度 特徴解説
人事労務freee 1980円〜 ミニマムプラン ★★★★★ 圧倒的に使いやすい給与ソフト。年末調整から法定調書の作成もOK。
MoneyFowardクラウド給与 980円〜 パーソナルミニ ★★★☆☆ パッケージ販売なので、月額980円〜で会計ソフトと給与ソフトを両方つかえる。使いやすさは人事労務freeeに劣る。
やよいの給与明細オンライン 450〜円 プラン 10 ★★☆☆☆ 給与計算のみ対応。プランをあげたとしても、年末調整や法定調書はつくれません。税理士に丸投げする方向けですね。

 

まとめ:freeeのプランはスターターで十分。消費税の申告が必要ならプレミアムも

 

基本的には、freeeのスタータープランで十分です。

 

売上が1,000万円を超えている等の理由で、消費税の納税義務者に該当するのであれば、スタンダードもしくはプレミアムプランも検討しましょう。

 

スタータープラン以上を選ぶのであれば、プレミアムプランのほうがいいですよね。

電話サポート、税務調査サポートがついてくるので。

 

また会計ソフトだけではなく、給与ソフトもいずれ必要になります。

 

給与ソフトを選ぶときは、年末調整ができて源泉徴収票を作成できるものを選ぶと実務で非常に役にたちますよ。

以上でおわります。

 

freeeの操作等で質問があれば、コメントかTwitterにDMをください。

無料でお答えします。

コメント

footer

タイトルとURLをコピーしました