不動産

不動産

消費税がキモ!不動産を売却したときの仕訳方法まとめ【土地&建物】

「不動産を売却したときの仕訳を知りたい」「土地と建物で消費税の取り扱いが違うの?」「未経過固定資産税があったらどのように処理すればいい?」上記のような疑問にお答えします。土地は消費税が非課税ですが、建物は消費税が課税です。
不動産

不動産の取得費がわからないときはどうればいい?計算方法は?

「不動産の取得費がわからない…」「取得費はどのように計算すればいい?」このような疑問にお答えします。相続などで引き継いだ不動産では、購入価格がいくらだったのかわからないですよね…不動産の取得費がわからないときは売却額の5%になってしまうので、気をつけてください。
不動産

不動産を売却したときは譲渡所得?計算方法は?【個人向け】

「不動産を売却したときは譲渡所得になるの?」「譲渡所得の計算方法は?」上記のような疑問にお答えします。個人所有の不動産を売却したときは「分離課税」の譲渡所得として扱われます。土地や建物の譲渡所得は他の所得と計算方法がちがいますし、原則、損益通算もできないので注意が必要です。また土地や不動産の売却を検討しているのであれば、所有期間が5年を超えてからにしましょう。
不動産

信用保証料の仕訳はどうすればいい?消費税は?【繰越資産】

「信用保証料の仕訳はどうすればいい?」「消費税の区分はどうなるの?」「繰越資産になる?」上記のような疑問にお答えします。信用保証の期間が数年にわたれば、信用保証料は一括で経費計上できなくて繰越資産として計上されますよ。ただし20万円未満の保証料については、少額なので、一括で経費計上してもOKです。
不動産

不動産取得税はいくら?事業用と住宅用で税率が違うの?【軽減制度】

「不動産取得税はいくらかかるの?」「事業用と住宅用の不動産で税率が違うの?」「事業用で不動産を取得したときに軽減制度はある?」上記のような疑問におこたします。不動産取得税は事業用と住居用で異なります。事業用だと建物だけ4%で、住宅用だと202年3月31日までは土地と建物どちらも3%になります。また住居用だと軽減制度もあるので、負担額はさらに減らすことができますよ!
不動産

仕訳アリ!不動産取得税の勘定科目は?経費になるの?【土地&建物】

「不動産取得税の勘定科目は?」「不動産取得税の仕訳も教えてほしい」「土地や建物にかかる不動産取得税は経費になるの?」上記のような疑問にお答えします。不動産取得税は租税公課で経費算入できますよ!ただし、事業用で手に入れた土地と建物にかかる不動産取得税の場合のみです。住居用の固定資産税は経費にならないので間違えないようにしましょう。
タイトルとURLをコピーしました