2019-09

税金・簿記のお悩み

顧問料高すぎ!?税理士を変えたいときの対処法【リスクなし】

「税理士を変えたい」「顧問料が高いと思う」「節税のアドバイスがない」上記のようなお悩みにお答えします。税理士の顧問料って高いですよね。とくに何もしてないのに毎月3~7万円も払う必要があるのか疑問に感じてしまいます。そこで税理士を変えたいときの対処法についてお伝えしようと思います。
不動産向け

不動産の取得費がわからないときはどうればいい?計算方法は?

「不動産の取得費がわからない…」「取得費はどのように計算すればいい?」このような疑問にお答えします。相続などで引き継いだ不動産では、購入価格がいくらだったのかわからないですよね…不動産の取得費がわからないときは売却額の5%になってしまうので、気をつけてください。
不動産向け

不動産を売却したときは譲渡所得?計算方法は?【個人向け】

「不動産を売却したときは譲渡所得になるの?」「譲渡所得の計算方法は?」上記のような疑問にお答えします。個人所有の不動産を売却したときは「分離課税」の譲渡所得として扱われます。土地や建物の譲渡所得は他の所得と計算方法がちがいますし、原則、損益通算もできないので注意が必要です。また土地や不動産の売却を検討しているのであれば、所有期間が5年を超えてからにしましょう。
経費

商品券を購入したときの仕訳は?消費税はどうなる?【勘定科目】

「商品券を購入したときの仕訳は?」「商品券の消費税はどうなるの?」上記のような疑問にお答えします。商品券は資産なので、購入したときは現金と商品券の科目振替になりますよ。また商品券はどのように使用するか、によって会計処理方法が変わるので注意しましょう。
ポイント・マイル

個人事業主にビジネスカードは必要?おすすめは?【利用限度額】

「個人事業主にビジネスカードは必要なの?」「普通のクレジットカードではダメ?」「おすすめはある?」上記のような疑問にお答えします。個人事業主の場合は、普通のクレジットカードで経費を払ってもOKですが、決済限度額などを考えると早い段階でビジネスカードを持つべきです。
経費

ゴルフ会員権を購入したときの仕訳は?消費税は?【預託金制】

「ゴルフ会員権を購入したときの仕訳が知りたい…」「ゴルフ会員権の消費税はどうすればいい?」上記のような疑問にお答えします。
経費

入会金の勘定科目は?消費税はどのように処理する?【仕訳で解説】

「入会金の勘定科目はなに?」「消費税はどのように処理をすればいい?」「入会金の会計処理を仕訳で教えてほしい…」上記のような疑問にお答えします。法人で払ったゴルフやレジャークラブの入会金は資産に計上します。すぐに経費にならないので注意してください。また個人で入会金を払うと、給与とみなされるので気をつけましょう。
経費

謝礼金に源泉徴収は必要?消費税はかかるの?【労働の対価】

「謝礼金に消費税はかかるの?」「源泉徴収が必要ってほんとう?」「謝礼金の勘定科目は交際費でいい?」上記のような疑問にお答えします。謝礼金が労働の対価として払われれば、源泉徴収が必要になるのですが、謝礼金を支払う方と受け取る方が、個人か法人かで処理方法が変わります…
転職

転職するときに源泉徴収票は提出するの?ないときはどうすればする?

「転職するときに源泉徴収票は提出するの?」「源泉徴収票がないときはどうすればいいの?」上記のような疑問にお答えします。転職するときに源泉徴収票は求められますよ… 源泉徴収票がもらえないときの対処法も教えますね。
不動産向け

信用保証料の仕訳はどうすればいい?消費税は?【繰越資産】

「信用保証料の仕訳はどうすればいい?」「消費税の区分はどうなるの?」「繰越資産になる?」上記のような疑問にお答えします。信用保証の期間が数年にわたれば、信用保証料は一括で経費計上できなくて繰越資産として計上されますよ。ただし20万円未満の保証料については、少額なので、一括で経費計上してもOKです。
タイトルとURLをコピーしました