2019-12

1.税理士の選び方

税理士は作業をどこまでやってくれるの?経理も外注できるの?

「税理士は作業をどこまでやってくれるの?」「経理外注もできる?」上記のような疑問にお答えします。一般的な税理士は、税務の相談、申告書の作成、記帳代行を行なっています。税務だけではなく、経理、資金調達なども税理士に依頼できます。
1.税理士の選び方

税理士にミスがあったときはどうなる?賠償してもらえるの?

「税理士にミスがあったときはどうなる?」「賠償はしてもらえるの?」上記のような疑問に御答えします。
1.税理士の選び方

税理士費用の相場はいくら?安くする方法あるの?【法人向け】

「法人の税理士費用の相場が知りたい…」「税理士費用を安くする方法はある?」上記のような疑問に御答えします。法人の税理士費用は売上規模と作業量によって変動しますよ。わかりづらいので、「年間でいくらかかるのか」を意識することが大事です。税理士費用を安くする方法についても解説しますね!
1.税理士の選び方

フリーランスが税理士と顧問契約するときの相場は?【売上規模別に】

「税理士と顧問契約するときの相場は?」「フリーランスに税理士は必要なの?」上記のような疑問にお答えします。フリーランスの税理士顧問料は、年次契約or月次契約で金額が大きく変わっていきます。売上が3,000万円未満であれば、確定申告のときだけ税理士に依頼すればOKだとおもいます。
税金・簿記のお悩み

扶養控除で手取りはいくら増える?年収別早見表【2020年】

「扶養控除後の手取りを知りたい!」「扶養控除の条件も教えてほしい…」上記のような疑問に御答えします。扶養控除をいれれば、最低でも38万円の控除がとれますよ。さらに、扶養される方の状況に応じて控除額が変動します。配偶者控除や基礎控除のように、所得によって上限が決められてないので富裕層にとっても扶養控除はメリットが大きいですよ。
経費

すぐわかる!車をローンで買ったときの仕訳【割賦手数料に注意】

「車をローンで買ったときの仕訳が知りたい」「割賦手数料はどのように会計処理をする?」「車の下取りがあったときは?」上記のような疑問にお答えします。ローンで車を買ったときに注意なのが、割賦手数料です。この割賦手数料は、支払期間で按分して費用計上することになりますよ。
経費

圧縮記帳しない?節税効果を検証してみました【補助金】

「圧縮記帳は節税になるの?」「圧縮記帳しないと損になる?」上記のような疑問に御答えします。結論をいうと、圧縮記帳をしたほうが節税になります。圧縮記帳の節税効果を検証しました。圧縮記帳でどれくら節税になるのかケース別に検証しました。
経費

補助金で固定資産を買ったときの仕訳は?圧縮記帳で節税になる?

「補助金で固定資産を買ったときの仕訳は?」「圧縮記帳をしたほうが有利ってほんと?」「圧縮記帳の仕訳も教えて!」上記のような疑問に御答えします。補助金や助成金をもらい、固定資産を買ったときは圧縮記帳ができますよ。圧縮記帳をしたほうが節税になるので適用するようにしましょう。
税金・簿記のお悩み

配偶者控除で手取りはいくら増える?年収別早見表【2020年】

「年収から配偶者控除の手取り金額を知りたい」「配偶者控除でどれだけ手取りは増える?」上記のような疑問にお答えします。配偶者控除後の手取りを計算しました。年収が1,000万円以下までは配偶者控除を適用することで手取額が増えますよ。
転職

源泉徴収票で過去がバレる?転職では提出しないとダメ?【年末調整】

「転職で源泉徴収票は提出しないとダメ?」「マイナンバーが書かれているけど平気?」「源泉徴収票で過去がバレる?」上記のような疑問にお答えします。源泉徴収票を提出すれば、前職の勤務先と年収はバレます。でも前職だけしかバレないです。
タイトルとURLをコピーしました