1.税理士の選び方

税理士費用の相場はいくら?安くする方法あるの?【法人向け】

「法人の税理士費用の相場が知りたい…」「税理士費用を安くする方法はある?」上記のような疑問に御答えします。法人の税理士費用は売上規模と作業量によって変動しますよ。わかりづらいので、「年間でいくらかかるのか」を意識することが大事です。税理士費用を安くする方法についても解説しますね!
税金・簿記のお悩み

扶養控除で手取りはいくら増える?年収別早見表【2020年】

「扶養控除後の手取りを知りたい!」「扶養控除の条件も教えてほしい…」上記のような疑問に御答えします。扶養控除をいれれば、最低でも38万円の控除がとれますよ。さらに、扶養される方の状況に応じて控除額が変動します。配偶者控除や基礎控除のように、所得によって上限が決められてないので富裕層にとっても扶養控除はメリットが大きいですよ。
税金・簿記のお悩み

年末調整と確定申告は両方してもいい?違いはなに?【副業向け】

「年末調整と確定申告の違いはなに?」「年末調整と確定申告の両方をしても問題ない?」このような疑問にお答えします。年末調整と確定申告の違いは、「誰」が税金の計算をするのかが違いますよ。
1.課税の対象

介護サービスの消費税は課税or非課税?【事業者向け】

「介護サービスの消費税は課税or非課税?」上記のような疑問に、会計事務所歴5年のホスメモがお答えします。介護サービスでは保険適用外でも消費税が非課税になるケースがありますよ。介護保険法と消費税法で対象範囲がびみょうに異なるので注意してください。
4.LP・WEB製作で稼ぐ

プログラミングで副業したら源泉徴収が必要なの?

「プログラミングで副業したら源泉徴収が必要?」上記のような疑問に、会計事務所歴5年のホスメモがお答えします。「ライターだと源泉徴収が必要になる」と聞いたことがあるかもしれませんが、プログラミングで売上が発生しても源泉徴収は必要ありませんよ。
1.課税の対象

差額ベッド代に消費税はかかる?妊娠中や出産時は?【非課税】

「差額ベッド代に消費税はかかる?」「妊娠中や出産時はどうなる?」上記のような疑問に、会計事務所歴5年のホスメモがお答えします。差額ベッド代にも消費税が課税されますよ。健康保険の対象外ですし。ただし妊娠中や出産時に入院したときにかかる差額ベッド代は、特別に非課税とされます。
3.帳簿の付け方

売上を計上するタイミングはいつ?基準はある?

「売上を計上するタイミングはいつ?」 「なにか基準はあるの?」 上記のような疑問に会計事務所歴5年のホスメモがお答えします。 売上をいつ計上すべきかどうかは、その取引の実態にもとづいて判断するのでケースバイ...
1.プログラミングを学ぶべき理由

プログラミングをやる意味はある?学ばなくても平気?

「プログラミングを学ぶ意味はある?」「学ばなくても平気?」上記のような疑問に、web制作で3~5万円稼ぐホスメモがお答えします。プログラミングをやる意味は、お金と時間です。どういう意味かというと、プログラミングスキルがあれば自由な場所で、自由な時間に働き、そしてお金を稼ぎやすいからですね。
1.プログラミングを学ぶべき理由

プログラミングを学ぶ必要ない?それでも稼げる?【ブログ】

「プログラミングの学習は必要ない?」「プログラミングをできなくても平気?」上記のような疑問に、ウェブ制作で月に3万円ほど稼ぐホスメモがお答えします。プログラミングを知らなくても仕事に困らないですし、稼ぐこともできますよ。便利なITツールを使いこなせれば十分です。
3.プログラミングの学習手順

無料あり!独学でプログラミングを学べるサイト5選

「プログラミングを独学で学びたい」「無料で学べるサイトはないの?」上記のような疑問に、副業のウェブ制作で3~5万円稼いでいるホスメモがお答えします。まずは無料でプログラミングを学んでみたいですよね。学習を始めてみて、「続けられるかも」と思ったら課金していくがおすすめですよ。
不動産向け

立ち退き料の消費税はどうなる?【実態を把握しよう】

「立ち退き料の消費税はどうなる?」 「そもそも税金はかかるの?」 上記のような疑問に、会計事務所歴5年のホスメモがお答えします。 立ち退き料のほとんどは消費税が不課税...
フリーランス向け

開始残高で仕訳は作る?プライベート兼用の口座はどうする?

「開始残高で仕訳は作る?」「プライベート兼用の口座はどうする?」上記のような疑問に、会計事務所歴5年のホスメモがお答えします。
税金・簿記のお悩み

キャンセル料に消費税はかかる?【損害賠償金/解約手数料】

「キャンセル料は消費税がかかるの?」「消費税がかからないケースは?」上記のような疑問にお答えします。キャンセル料を細かく分けると、①損害賠償に対するものと②解約手数料に対するものに分けられます。そのうち、①の損害賠償金にたいするものは不課税となり、②の解約手数料に対するものは課税です。
タイトルとURLをコピーしました