2019-11

フリーランス向け

フリーランスは消費税を請求できない?申告もしなくていい?

「フリーランスは消費税を請求できないの?」「消費税を申告してないけど平気?」上記のような疑問にお答えします。
フリーランス向け

ミス多発!フリーランスの正しい請求書の書き方【消費税/源泉徴収】

「フリーランスの源泉徴収はどうすればいい?」「請求書で源泉徴収しなければいけないの?」「従業員なしでも源泉徴収がいる?」上記のような疑問に御答えします。結論をいうと、従業ナシorお手伝いが2名以下のフリーランスであれば、源泉徴収は必要ありません。(ホステス報酬以外にかぎる)
税金・簿記のお悩み

フリーランスは請求書で源泉徴収するの?しない方法はある?【計算】

「フリーランスの源泉徴収はどうすればいい?」「請求書で源泉徴収しなければいけないの?」「従業員なしでも源泉徴収がいる?」上記のような疑問に御答えします。結論をいうと、従業ナシorお手伝いが2名以下のフリーランスであれば、源泉徴収は必要ありません。(ホステス報酬以外にかぎる)
フリーランス向け

フリーランスはいくら稼ぐと確定申告が必要に?【20万/38万】

「フリーランスはいくら稼ぐと確定申告が必要になる?」「副業フリーランスの場合はどうなる?」上記のような疑問に御答えします。フリーランスで稼ぐが38万円を超えると、確定申告が必要になりますよ。いっぽうで副業フリーランスだと20万円を超えて稼ぐと確定申告です。
経費

いくらから固定資産で計上する?【10万/20万/30万】

「いくらから固定資産に計上すればいい?」「10万、20万、30万で処理方法が違う?」「節税になる処理方法を教えてほしい」上記のような疑問に御答えします。青色申告の中小企業や個人事業主は、30万円未満のモノを買えば「少額減価償却資産」として一括で経費にできますよ。
法人向け

役員借入金を返済したときの仕訳は?【借入金のリスクも考えよう】

「役員借入金を返済したときの仕訳が知りたい…」「役員借入金を返済すれば節税になる?」「役員借入金は少ない方がいいよね?」上記のような疑問に御答えします。
法人向け

法人の解散で役員退職金は計上すべきなの?借入金は?【債務免除益】

「法人を解散するときに役員退職金を計上すべきなの?」「役員借入金があるときはどうすればいい?」上記のような疑問にお答えします。法人を解散するときには役員退職金を計上することで、経費を作れるので節税効果がありますよ。しかも退職金は所得控除が多いので、所得税もあまり課税されません。また法人解散時に役員借入金があるときは「債務免除益」という利益が生じるので気をつけてください。
法人向け

法人を解散したときも消費税はかかる?届出書は必要?【節税】

「法人を解散したときも消費税はかかる?」「法人を解散後に届出書を出す?」上記のような疑問にお答えします。法人を解散するときにも消費税を申告しなければならないケースはあります…消費税の納税が見込まれるときに、節税をするテクニックもご紹介しますので参考にしていただければとおもいます。
法人向け

法人を解散すれば滞納した税金は免除になる?【破産もアリ】

「法人を解散したい…」「法人を解散すれば税金はかからない?」「税金の滞納があるけど解散すれば免除される?」上記のような疑問にお答えします。法人を解散すれば、法人が消滅するので税金はかかりません。でも法人を解散したからといって滞納した税金が免除はされませんので注意しましょう。
相続

3600万以上!相続税が非課税になるのはいくらまで?【基礎控除】

「相続税が非課税になるのはいくらまでなの?」「配偶者だと相続税はかからない?」「贈与を受けたあとの相続税は?」上記のような疑問におこたえします。相続税には基礎控除が3,000万+600万×法定相続人数分もらえますよ。また配偶者には税額控除が1億6000万円分もあるので、まず税金はかからないとおもいます。ただし贈与を受けた3年以内に相続をされたときは税金がかかるかもなので気をつけてください。
タイトルとURLをコピーしました