ブログで稼ぐは無理なの?効率的に稼ぐ方法はある?【副業向け】

blog-income-impossible

「ブログで稼ぐのって無理な気がしてきた…」

「ブログで効率的に稼ぐにはどうすればいいのだろう?」

 

上記のような疑問にブログ歴4年のホスメモがお答えします。

ホスメモはブログで毎月3~7万円稼ぎます。

かれこれ2年以上、安定して稼げました。

 

私の経験から言わせていただくと、ブログで稼ぐなら300記事は投入しましょう。

話はそれからです。

ではどのように300記事も生産するのかというと、仕事について書けば効率的に記事を生産できます。

 

なぜなら毎日7~8時間も勤務しているから。

必然的に情報やノウハウがたまりますよね。

 

最後にどのようなブログが理想的か書きました。

ぜひ読んでみてください。

ブログで稼ぐのは無理なの?

question

ブログで稼ぐのは無理ではないけれど、根気が必要です。

いまブログで稼げていない方の原因を考えてみました。

  1. 記事数が少ない
  2. コンテンツが弱い
  3. ジャンルが稼ぎづらい

 

1、記事数が少ない:目安は300記事

Googleから「あなたは専門家!」と思われるようになるには、記事数がある程度ないと厳しいです。

 

ひとつの目安として、300記事はほしい。

「さ、300も!?」と思うかもしれません。

 

だけど私の経験上、300記事ぐらい書いてからやっと「Googleに評価されてきた」と感じました。

 

それと同時に300記事も書けば、ノウハウが蓄積されるものです。

ブログのコンテンツについてはもちろんのこと、ライディングスキル、マーケティングスキルも身に付きます。

 

たぶん、この記事を読んでいる方は300記事も書いてないはず。

「でもすぐに稼げたという人もいる」という方はマーケティングにやられている疑惑です。

 

ブログで稼げた方は、証憑を公開していますか?

なにを根拠に稼げたと言っていますか?

ただ「稼げた」と書いただけで実際ははりぼてかもしれません。

それに自己アフィリエイトなのに「稼げた」と表現する人もいます。

 

ラクして稼げる方法はありません。

修行だとおもって、手を動かし記事を生産しましょう。

これが一番早い。

2、コンテンツが弱い

ブログのコンテンツが弱いとだれも読んでくれません。

 

Google検索する人は何かしらの悩みを抱えています。

なので悩みを解決できないコンテンツでは、読んでる時間がもったいないのですよ。

 

たとえば結論を先延ばしにする文章。

誰かが書いた内容をコピペしたような記事。

全然体験談がなくて、胡散臭い内容。

不思議とわかるものですよね。

 

ブログを書くなら読者の悩みに答える。

そしてあなたが体験してきたことを詳しく書きましょう。

でないと読者は離れてしまうものですよ。

3、ジャンルが稼ぎづらい

残念ながら稼ぎづらいジャンルも存在します。

 

どんなジャンルが稼ぎづらいか予測できますか?

儲からない、広告費を出しづらいコンテンツがブログで稼ぎづらいです。

 

たとえば食べ歩きブログ。

お店から直接広告をもらわないかぎり、かなり難しいと思います。

 

まず第一に、飲食業界はあまり儲かりやすい業界ではないのです。

第二に、飲食業界の広告が少ない。

なのでブログで稼ぐのは難しいですね。

 

ではどんなジャンルが稼げるのかというと、人に言えない悩みや、ネットで購入しやすいものを扱うものです。

 

たとえば育毛、美容、脱毛、転職、不動産はあるあるですよね。

あとお金や投資ジャンルもネットで調べて、購入する人が多いです。

 

このようにジャンルによって稼ぎやすさも多少あります。

けれど、稼ぎやすいジャンルはそれだけ競合も多く、難易度が上がります…

 

けっきょくブログ運営の本質を理解していれば、月1~3万円ぐらいまではどんなジャンルでも稼げるはずなのです。

効率的にブログで稼ぐ方法【副業向け】

approach

さて効率的にブログで稼ぎたい人向けの内容を書きます。

とくに時間がない副業ブロガーに読んでほしい。

私のブログ戦略はこちらですよ。

 

  • いまの仕事について書く

 

どういうことか解説します。

いまの仕事について書こう

1日8時間労働を週に5回もしていれば、仕事のノウハウが必然とたまってきますよね。

これを利用しないのは勿体ない。

 

そう、あなたの仕事についてブログで書きましょう。

私は会計事務所に勤務しているので、会計や税金についての記事を生産しています。

 

その日で学んだこと、気になったことをメモしておいて、その内容について記事を書く。

この繰り返しです。

 

たとえば先日、地主の方の帳簿をレビューしていて、「課税売上が5億円以下だったけれど、課税売上割合が95%未満のときは、仕入税額控除を全額控除できないだっけ?」と、疑問に感じました。

 

それをそのまま記事にするイメージです。

※今回は下記の記事があったので記事にはしませんでした。

https://hostess-tax.com/500million/

 

このように仕事で感じた疑問を記事にすれば、忙しいなかでもブログを効率的に更新できます。

ブログがあなたの辞書になる

ある程度ブログを生産してから気づいたのですが、ブログを自分だけの辞書のように扱っていました。

 

たとえば「消費税の納税義務者ってどのように判定するんだっけ?」と思ったときに、「消費税 納税義務判定 ホスメモ」と検索します。

search-with-blog-name

そう、「調べたい内容+ブログ名」で検索する機会がぐっと増えたんですよ。

それで自分の記事を読んで「うんうん、わかりやすい」とうなずく。

 

自分のブログを辞書のように使えるくらいコンテンツを充実させればしめたものです。

おそらく読者もおなじような使い方をしてくれるはずですよ。

まとめ:ブログで稼ぐのは無理じゃない。効率的に稼ぐ仕組みを作ろう

ブログで稼げていない方の原因を考えてみました。

  1. 記事数が少ない
  2. コンテンツが弱い
  3. ジャンルが稼ぎづらい

 

ほぼ100%の方が、300記事も書いてないとおもいますよ。

まずは300記事を書く。稼げる稼げないはそのあとです。

 

ここを理解すると、300記事も書けるジャンルは狭まるはずです。

 

ホスメモでおすすめしているのは、あなたの仕事ノウハウを記事にすること。

それもしっかりしたコンテンツを作り、辞書のように使えるレベルを目指す。

 

たぶん難しいと思います。

だけど、これくらいを目指さないとブログで稼げないものなんです。

 

ラクな方法はありません。

もしすぐに稼げると言われたときは「セールスだな」と思っておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です