源泉徴収票で過去がバレる?転職では提出しないとダメ?【年末調整】

leakout 転職

「転職で源泉徴収票は提出しないとダメ?」

「マイナンバーが書かれているけど平気?」

「源泉徴収票で過去がバレる?」

 

上記のような疑問にお答えします。

 

源泉徴収票を提出すれば、前職の勤務先と年収はバレます。

でも前職だけしかバレないです。

 

それと転職先が源泉徴収票を求める理由は、年末調整で必要だからです。

なので年末調整をしないでもらえば源泉徴収票を提出する必要はありません。

 

間違えなく源泉徴収票の提出は求められますが、回避する言い訳はありますよw

 



転職で源泉徴収票を提出すれば、過去がバレる!?

源泉徴収票からバレることは、前職の勤務先と年収だけです。

 

なので前職以外の過去はバレません

 

念のため、源泉徴収票を見てみましょう。

wht

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご覧のとおり、源泉徴収票には前職で稼いだ年収等の情報しか記載がありませんよね?

 

年収が500万以下の従業員なら税務署も知らない?

年収が500万円以下の従業員であれば、税務署もあなたの源泉徴収票を把握してはいないです。

 

年末調整をしたもの

  • (1) 法人の役員(現に役員をしていなくても、その年中に役員であった者を含みます。)については、その年中の給与等の支払金額が150万円を超えるもの。なお役員には、相談役、顧問その他これらに類する方が含まれます。
  • (2) 弁護士、司法書士、税理士等については、その年中の給与等の支払金額が250万円を超えるもの
  • (3) 上記(1)(2)以外の者については、その年中の給与等の支払金額が500万円を超えるもの

国税庁:年末調整

 

会社は12月末までに年末調整をして、源泉徴収票を従業員に配布します。

 

そのあと1月末までに「法定調書」を税務署に提出しています。

 

ここで年収が500万円以上の従業員や年収150万円を超える役員については、その人の源泉徴収票も合わせて提出しなければいけないんです

 

でも年収が500万円以下なら源泉徴収票を提出しないので、あなたがどこで働いていたか、税務署も把握できません。

 

とはいえ、会社の人事が税務署に連絡してあなたの年収や在籍について確認することはプライバシーの観点から不可ですが。

 

マイナンバーが書かれているけど…

マイナンバーが書かれていたとしても、転職先にはそれ以上のことはバレないです。

 

会社としてはマイナンバーから何か情報を引き出すことはできないですよ。

 

役所ならできるかもですが…

 

このように源泉徴収票を提出したとしても、前職の年収や勤務先がバレるだけでほかの情報はバレないです。

 

ここから先は、そもそも源泉徴収票を転職先に提出しない方法について説明します。

おそらくこの記事を読んでいる方は、転職にちょっと話を盛ってしまった方ではないでしょうか?

 

本来であれば、ことのなり行きを伝えた方がよいとは思いますが、むずかしいところですよね。

 

そこで、転職したあとに源泉徴収票を提出しない言い訳を考えてみましたw

 

転職で源泉徴収票を提出しない方法

「前職から源泉徴収票をもらえないためじぶんで確定申告をでします。なので年末調整はしないで大丈夫です」と経理の方に伝えましょう

 

転職された会社では年末調整の義務があります。

 

そして途中入社の方の年末調整では、前職の源泉徴収票が必要なんですよね

あなたがその年で稼いだ年収と納めた所得税額が分からないと、正しい年末調整ができないので。

 

言い訳を考えてみましたw

今回のようなケースでは「じつは前職で源泉徴収票を発行してくれなくて…」と前置きをしつつ、「医療費控除で確定申告をするので、年末調整はしなくて平気です」と伝えてみましょう。

 

また「源泉徴収票をいつ受け取れるかわからないし、経理の方に迷惑をかけたくない」と言えばもっとものように聞こえませんか?

 

で、「今年に関しては医療費控除や住宅ローン等の関係で確定申告をするので、年末調整をしなくても大丈夫です」と。

 

ただし、いま勤めている会社からは源泉徴収票はもらってくださいね

源泉徴収票がないと確定申告ができないですよ。

 

相談は経理担当へ

相談するなら経理の方がおすすめです。

 

なぜかというと、事に相談してしまうと不信に思い、履歴書を再確認されてしまう可能性があるから

 

いっぽうで経理なら履歴書を見る権限がないケースがほとんどなので、あなたがどこで働いていたかも知りません。

 

「源泉徴収票をもらえなくて…」といえば、年末調整をしないように計らってくれるかもです。

 

経理が人事に報告してしまうと、アウトですが…

 

前職に電話されたら終わりな話し

転職先から前職の会社に電話をされてしまったらバレちゃいます…。

 

採用が決まった後に、在籍確認で前職に電話をする会社もあるので、転職時に話しを盛るのは止めたほうがいいですよ

 

とくにスカウトを利用して転職するときは、それなりの規模の会社になるので在籍確認はされるものと思っておきましょう。

 

私自身、大手で働いた経験があり、スカウトを通しての転職で内定が決まってから、前職に在籍確認の電話が行きました。もちろん事前に在籍確認をしますという連絡は受けていましたが。

 

まあ前々職とかの話しになってしまえばバレないかもですね。

 

まとめ:転職先には源泉徴収票を提出するのが原則です

源泉徴収票からは、前職の勤め先とそこで稼いだ年収しかわかりません。

過去の職歴等はばれることはないので大丈夫です。

 

また転職後に源泉徴収票を提出してくださいといわれます。

これは年末調整で前職の源泉徴収票が必要になるからです。

 

なのでもし提出したくないときは「前の職場が源泉徴収票を発行してくれない…」と前置きしつつ、「確定申告をするので年末調整は不要です」と伝えてみましょう。

 

ちなみに相談するなら経理ですね。

人事に相談すると、履歴書を再度チェックされてる可能性があるので…

 

✔️転職前にスキルを身につけたい方

TechAcademy:オンラインでプログラミングを学べる。業界では有名。費用は20~30万円ほど。

テックキャンプ:教室でプログラミングを学べる。未経験OK。費用は60~80万円と高め。

Tech Boost:転職サポートつきのプログラミングスクール。10~30代は受講生が多い。費用は30万円ほど。

 

✔️外資系を含めた経理や会計事務所の転職でおすすめ

ビズリーチ:大手からの直接採用あり。ハイクラス案件が多数の転職サイト。

MS-Japan:会計業界に特化した転職エージェント。日系企業が多め。

JACリクルートメント:外資系多数。案件は少ない。

 

多数のコメント、ありがとうございます(・∀・。)

share

タイトルとURLをコピーしました