経費

経費

サンプル品を購入したときの仕訳は?無償で配ったときはどうなる?

「サンプル品を購入したときの勘定科目は?」「サンプル品を無償で配ったときの仕訳はどうなるの?」上記のような疑問にお答えします。サンプル品を購入したときは販売促進費や消耗品費でOKです。無償でサンプルを配ったときは仕入を見本品費という勘定科目に振り替えるだけですよ。
経費

高級車は経費にできる?購入する時の注意点は?【法人向け】

「高級車は経費にできる?」「高級車を購入する時の注意点は?」上記のような疑問にお答えします。車で節税するなら中古の高級車がおすすめですよ。なぜかというと、4年間で全額経費にできますし、車自体の価値は落ちないから。4年後に高級車を乗り換えれば、節税しつつ、さまざまな高級車に乗れますよw
経費

すぐわかる!車をローンで買ったときの仕訳【割賦手数料に注意】

「車をローンで買ったときの仕訳が知りたい」「割賦手数料はどのように会計処理をする?」「車の下取りがあったときは?」上記のような疑問にお答えします。ローンで車を買ったときに注意なのが、割賦手数料です。この割賦手数料は、支払期間で按分して費用計上することになりますよ。
経費

圧縮記帳しない?節税効果を検証してみました【補助金】

「圧縮記帳は節税になるの?」「圧縮記帳しないと損になる?」上記のような疑問に御答えします。結論をいうと、圧縮記帳をしたほうが節税になります。圧縮記帳の節税効果を検証しました。圧縮記帳でどれくら節税になるのかケース別に検証しました。
経費

補助金で固定資産を買ったときの仕訳は?圧縮記帳で節税になる?

「補助金で固定資産を買ったときの仕訳は?」「圧縮記帳をしたほうが有利ってほんと?」「圧縮記帳の仕訳も教えて!」上記のような疑問に御答えします。補助金や助成金をもらい、固定資産を買ったときは圧縮記帳ができますよ。圧縮記帳をしたほうが節税になるので適用するようにしましょう。
経費

いくらから固定資産で計上する?【10万/20万/30万】

「いくらから固定資産に計上すればいい?」「10万、20万、30万で処理方法が違う?」「節税になる処理方法を教えてほしい」上記のような疑問に御答えします。青色申告の中小企業や個人事業主は、30万円未満のモノを買えば「少額減価償却資産」として一括で経費にできますよ。
経費

前払費用の消費税はいつに計上すればいい?【決算時の仕訳】

「前払費用の消費税はいつ計上すればいいの?」「短期前払費用になれば、現金主義でもOK?」「仕訳で解説してほしい」上記のような疑問にお答えします。原則としては、前払費用にかかる消費税は経費計上するときに課税仕入を計上します。つまり現金で払った時点ではなく、費用認識した時点で消費税も認識するということです。
経費

固定資産を売却したときの仕訳は?消費税はどうすればいい?

「固定資産を売却したときの仕訳が知りたい」「消費税はどのように処理をすればいいの?」上記のような疑問にお答えします。固定資産を売却するときは、売上にたいして消費税がかかるので注意です。利益ではないので間違えないようにしましょう。
経費

審査が通りやすい!ホステスにおすすめのクレジットカード3選

「ホステスが作りやすいクレジットカードはある?」「ホステスでもクレカの審査は通るの?」「クレジットカードのおすすめは?」上記のような疑問にお答えします。
経費

飲料水も?消費税が8%の対象になるものまとめ【軽減税率】

「消費税8%が対象なものはなに?」「飲料水も8%できるの?」「お酒はダメ?」上記のような疑問にお答えします。
タイトルとURLをコピーしました