高級車は経費にできる?購入する時の注意点は?【法人向け】

luxury car

「高級車は経費にできる?」

「高級車を購入する時の注意点は?」

 

上記のような疑問にお答えします。

 

車で節税するなら4年経過の中古高級車がおすすめですよ。

なぜかというと、すぐに全額経費にできるにもかからず、車自体の価値は落ちないから

 

翌期に高級車を乗り換えれば、節税しつつ、さまざまな高級車に乗れますよ。

 

法人で高級車を買えば経費にできる?

事業に使用していれば、たとえ高級車を買ったとしても経費になります。

 

たとえば不動産会社が高級車を乗っていますよね?

不動産会社は不動産売買で大きな収益を上げるので、営業がとても重要になります。

そこで営業効果をねらって、取引先に出向するときは高級車をつかう経営者が多いです。

つまり売上を上げるため、事業のために高級車を使用しているワケです。

 

なので、事業の用途としてしっかりした説明ができるのであれば、たとえフェラーリやランボルギーニに購入したとしても経費に落とせます。

そして高級車を買えば節税にもなりますよ。

 

法人で高級車を買えば節税に

法人で高級車を買えば節税になるんですよね。

 

そのカラクリは、4年経過の中古車は1年間で全額損金計上できるからなんです。

しかも高級車は年数が経っても市場価値が下がらないから節税目的で購入される経営者が多いです。

 

たとえば4年経過済みの中古フェラーリを2,500万円で購入したとしましょう。

中古車の耐用年数は「法定耐用年数-経過年数+経過年数×0.2」で求めるのですが、普通自動車の法定耐用年数は6年なので、6-4+4×0.2=2.8です。

端数は切り捨てなので、中古車の耐用年数は「2年」です。

 

そしてここからが理論的ではないのですが、減価償却費の計算では、耐用年数が2年だと全額償却になってしまうんです。

減価償却費の計算方法が定率法、定率法どちらでも全額償却になります。

参照:減価償却資産の償却率表

 

だから損金計上した翌年に、フェラーリを売って、また中古で高級車を買い経費を作るわけです。

フェラーリのような高級車は、市場価値がなかなか減らないので4年が経過したとしても高値で売れます。

 

なので、市場価値が下がりにくい高級車が節税にはおすすめなんですよ。

もちろん人気があるのでアルファードでもOKですが。

 

高級車を法人で購入するときの注意点

高級車を法人で購入するときの注意点をまとめました。

  1. 中古を買うこと
  2. 法人名義で購入すること
  3. 高級車の用途を明確にすること
  4. 中古高級車を売却したときの節税対策

 

中古で買う

高級車は中古で買いましょう。

すぐに損金計上したければ4年経過済みがいいですよ。

 

いっぽうで新車で買ってしまうと、耐用年数が6年間に延びてしまいます…

これでは節税効果が薄れてしまいますよね。

高級車は維持費もけっこうかかるので、中古で買う方が保守的です。

 

それに高級車を新車で買う方ってほとんどおられないので、中古で十分だと思います。

 

法人名義で買う

会社の事業用に買うのであれば、法人名義で購入しましょう。

まちがって個人名義で車を購入してしまう経営者さんがおられますが、これでは経費になりづらいです…

 

「個人の趣味で買った車を法人の経費にしているな」と判断されやすいからです…

なので高級車は法人名義で購入しましょう。

 

高級車の用途を明確にする

高級車を経費に落とすからには、当然ですが、高級車の用途が事業と関連がある必要があります。

 

さきほども書きましたが、たとえば取引先に訪問するときに高級車を使う。

そして高級車のほうが、一般的な車よりも営業効果がある、と説明できれば経費に落とせるはずです。

 

「なぜ高級車を乗る必要があるのか」を明確にしておくのが大事です。

 

税務署の反論としては、「一般的な車で十分ではないですか?」とか「社長の趣味で高級車を買ったのではないですか?」と言われる可能性は高いですからね。

 

高級中古車を売却したときの節税対策も

売却するときは利益がでるので、その利益分の税金をどうするのか対策を考えたほうがいいですよ。

 

よくある例はこんな感じですかね。

  1. 車を売却して、その資金で新しく中古車を買う
  2. 車を売却するときまでに、繰越欠損を作る

 

とにかく大事なことは、車を保有するor売るを決め、売ったときの売却益をどのように節税するかです。

ここまで頭にいれて、高級車を買えば損しないとおもいます。

 

まとめ:高級車は経費になりますよ。節税に活用するのもアリです

事業に使用すれば、高級車も経費になりました。

法人で高級車を購入するときの注意点をこちらでしたね。

  1. 中古を買うこと
  2. 法人名義で購入すること
  3. 高級車の用途を明確にすること
  4. 高級中古車を売却したときの節税対策

 

高級車で節税しつつ、社長さんとしてのステータスも上げていきましょう。

今日は以上になります。

✔️新車の購入を検討している方におすすめ

カーコンビニ俱楽部:頭金なしで新車に乗れるカーリース。資金繰りを改善しつつ、経費を増やせるので事業者向けです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です