無料でできる!クラウド会計ソフトを比較します【実際に使用済み】

「クラウド会計ソフトの料金や機能を比較したい…」

「クラウド会計ソフトを使いたいけど、どれにすればいい?」

 

このような疑問にお答えします。

 



クラウド会計ソフトを比較表を作りました

クラウド会計ソフトの比較表を作りました。

 

伝えたいことはたくさんありますが、まずはプラン内容を比較表をご覧ください。

 

freee

freeeプランスタータースタンダードプレミアム
月契約980円1,980円
年契約9,800円19,800円39,800円
サポート・チャット

・メール

・チャット(優先対応)

・メール(優先対応)

・チャット(優先対応)

・メール(優先対応)

特徴初心者向け

・知識なしで確定申告が作れる

・日々の経理の効率化から確定申告までしたい方向け・複数店舗経営者向け

 

確定申告をすることがゴールであれば、スタータープランで十分です。

 

freeeは◯×形式の質問に答えるだけで確定申告書が作れちゃう優れものですw

しかもスマホでも作成できるんですよ。←freeeだけです。

 

初心者向けの設定になっているので、経理に不安な方や確定申告がよくわかっていない方はぜひfreeeを使ってみてください。

 

まとめ

  • ◯×形式の質問に答えるだけで確定申告書が作成可
  • スマホでも確定申告書が作れる

 

マネーフォワード

 

マネーフォワード

クラウド確定申告

プランフリーベーシックベーシック(安心電話サポート付)
月契約0円800円
年契約8,800円17,200円
サポート・メール

・チャット(30日間のみ)

・メール

・チャット

・電話

・メール

・チャット

特徴・仕訳は月15件まで・確定申告がしたいならこのプラン・手厚いサポートあり

 

マネーフォワードクラウド確定申告は、フリープランがあるので、まずは無料でお試しするのがいいと思いますよ。

 

毎月15件しか仕訳を作れないので、使い方に慣れてきた頃に、ベーシックプランにすればいいと思います。

 

あとで説明しますが、マネーフォワードクラウド確定申告がもっとも操作しやすいです。ただし、中級者向けのクラウド会計ソフトになりますので、初心者さんはfreeeをおすすめします。

 

まとめ

  • 動作が早く、デザイン性も優れているので操作しやすい
  • 唯一、キャッシュフロー計算書が作れる

 

やよいの青色申告

 

やよいの青色申告プランセルフベーシック
月契約
年契約初年度0円

次年度8,640円

初年度6,480円

次年度12,960円

サポート・電話

・メール

・チャット

特徴・消費税の確定申告もできる・手厚いサポートあり

 

やよいの青色申告では、消費税の確定申告書も作れちゃいます。これはけっこうお得です。

 

freeeではスタンダードプラン以上でないと作れないですし、マネーフォワードクラウド確定申告に至っては消費税の確定申告に対応していません。

 

価格もじつは一番安いですw

 

まとめ

  • 消費税の確定申告書が一番安いプランで作れる
  • もっとも価格が安い

 

おすすめのクラウド会計ソフトは…

「価格と機能の比較はなんとなくわかったけど…」という方のために、レベル別におすすめのクラウド会計ソフトをお伝えします。

 

  • 初心者:freee
  • 中級者:マネーフォワードクラウド確定申告
  • 消費税の確定申告書が必要な方:やよいの青色申告

 

初心者さんはfreeeで決まり

簿記も分からないし、確定申告もわからない方はfreeeにしましょう。

 

freeeはすべての製品が初心者向けに設計されており、誰でも知識なしで確定申告書まで作れます。

 

たとえばfreeeでは確定申告書を作るために◯×形式の質問を21つ用意しています。この質問に答えるだけで確定申告書が作れちゃうのはfreeeだけです。

 

確定申告書を作ることがゴールであれば、freeeがダントツでおすすめします。

 

中級者:マネーフォワードクラウド確定申告

毎月の利益を確認したいという方はマネーフォワードクラウド確定申告ですね。

 

マネーフォワードならキャッシュフロー計算書も自動で作成されるので、資金ぶりの管理に役立ちます。

 

またなんといってもマネーフォワードは操作がしやすいんですよ。ほかのクラウド会計ソフトにくらべてマネーフォワードは動作が早いです。

 

しかもデザイン性にも優れているので、使いやすいです。デザイン性については、やよい青色申告と比べれば一目瞭然です…

 

確定申告以外でも積極的にクラウド会計ソフトを使うならマネーフォワードクラウド確定申告にしましょう。

 

消費税の確定申告書が必要な方:やよいの青色申告

やよいの青色申告を使えば、年間8,640円を払うだけで、所得税と消費税の確定申告書が作れます。

 

freeeでは年間2万円のプランにしないと消費税の確定申告書は作れないですし、マネーフォワードにいたっては消費税申告書に対応してないです。

 

このように比較してみると、やよいの青色申告のメリットが際立ってきますねw

やよいの青色申告は消費税の確定申告が必要になる中級レベルの個人事業主さんにおすすめです。

まとめ:クラウド会計ソフトは使ってみないとわからないです

残念かお知らせですが、けっきょくのところクラウド会計ソフトは使ってみないと、どれが「本当に」いいのかわからないです…

 

手を動かして始めて気付くことってありますよね?

 

まずは無料でお試ししてみませんか?

 

freee、やよいの青色申告、マネーフォワードクラウド確定申告、どれも無料で始めることができます。

 

まずは軽く無料プランで操作をしてみて、それから決めるのがベストだと思うんです。

 

会計ソフトは一度決めると、なかなか変えないですからね。最初にきちんと選ぶことが大事です。

 

値段はそんなにかわらないのであなたにとって使い勝手のよいクラウド会計ソフトを選んでみましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました