無料あり!確定申告でおすすめの会計ソフトは?【実際に使用】

accounting-soft 確定申告

税理士報酬って高いですよね。会計ソフトは日々進化しており、もやは確定申告は各自で済ませる時代です。自分で確定申告をすれば、税理士報酬の10万円を節約できちゃいます。

 

そこでこの記事ではつぎのような疑問にお答えします。

 

「税理士報酬が高いので、一人で確定申告をしたい…」

「簿記の知識がなくても確定申告はできる?」

「おすすめの会計ソフトは?」

 

結論を言うと、確定申告をしたいのであれば、間違えなくfreeeがおすすめです。freeeには21つの◯×で答えられるチェックリストが用意されており、専門知識がない人でも確定申告書を作成できます。

 

これはMFクラウドやよいの青色申告にはない機能です。

 

この記事の内容

・確定申告ができるおすすめの会計ソフト

・手っ取り早く確定申告を済ませる方法

 



確定申告でおすすめな会計ソフト

accounting-soft

確定申告でおすすめな会計ソフトは3つです。

 

  1. freee
  2. MFクラウド
  3. やよいの青色申告

 

私自身、この3つの会計ソフトをすべてを使っていますので、それなりの解説ができると思います。

 

確定申告を終わらせたいならfreee一択

freee-lp

会計ソフトを使う目的が確定申告書の作成であるなら、まちがえなくfreeeです。

 

freeeで確定申告書を作るのに専門知識はいりません。なにか覚える必要もないです。なぜかというと、確定申告書を作成するためのチェックリストがfreeeには用意されているからです。

 

こちらをご覧ください。

番号確定申告のチェックリスト(ホスメモ)
1会社から給与を受け取りましたか?
2給与以外に源泉徴収されている収入はありますか?
3税理士や弁護士などに報酬を支払いましたか?
4仕事とプライベートで兼用しているものはありますか?(家事按分)
5病気等で病院に行ったり、医療用の市販薬を購入しましたか?
6ふるさと納税などの寄附をしましたか?
7養っている配偶者はいますか?
8子供などの扶養家族はいますか?
9生命保険に加入していますか?
10地震保険に加入していますか?
11国民年金に加入していますか?
12国民年金基金に加入していますか?
13国民健康保険に加入していますか?
14その他の社会保険料を支払っていますか?
15小規模企業共済や企業型・個人型年金等の掛金を支払っていますか?
16過去10年以内に住宅ローンを組んでマイホームを購入またはリフォームしましたか?
17税務署から予定納税額の通知書は届きましたか?
18株式の取引はありますか?
19仮想通貨の取引はありますか?
20FXの取引はありますか?
21前年度に損失を繰り越しましたか?

 

このチェックリストに従い、回答していけば、自動で確定申告書が出来上がります。3つの会計ソフトを比較して、一番簡単に確定申告書が作れるのはfreeeです。

参照:freeeで確定申告をする方法

参照:3年間実際に使ったfreeeの評判

 

簿記の知識があり、財務分析をするならMFクラウド

mf

簿記の知識があり、財務分析をしたいならMFクラウドです。

 

MFクラウドはキャッシュフロー計算書が自動で作れるので、資金ぶりを管理したい方には良いと思います。

しかしながら、肝心の確定申告書を作る際には、確定申告書の内容や仕組みを理解する必要があります。手っ取り早く、確定申告書を作るならfreeeのほうがおすすめです。

 

MFクラウドは、確定申告というよりも、日々の財務分析をしたい方におすすめな会計ソフトだと思います。

参照:マネーフォワードの使い方から確定申告の手順

参照:マネーフォワードクラウド確定申告の評判は?

 

会計事務所の定番会計ソフトは弥生

how-to-start

一つひとつの仕訳を確認しやすいのは、やよい青色申告です。

 

弥生は会計事務所で定番の会計ソフトで、もっとも使いやすいです。仕訳のチェックがしやすいので、仕訳数が多い業種の方やBS、PLの分析ができる方におすすめです。

 

しかし、クラウドでつかる弥生会計は動作が遅くてけっこうイライラします…

また確定申告書を作るには、確定申告の書き方を知らないとできないので初心者の方はとまどってしまうかもです。

 

とはいえ、私も実務では弥生だけを使っているので、弥生にはかなり信頼感がありますよ。

参照:やよいの青色申告で確定申告をする方法を全部話す

参照:実際に使って分かったやよいの青色申告の評判

 

おすすめの会計ソフトを使い、確定申告を簡単に済ます方法

easy-way

確定申告書を一人で作りたい方に向けて、会計ソフトの使い方を説明しますね。

 

びっくりするかもですが、会計ソフトにはできる限り仕訳を入力しないほうがいいです。もっといえば、会計ソフトはあまり使わないほうがいいんです。

 

どういうことかというと、確定申告書を作るためなら、勘定科目ごとの年間合計金額さえ分かればオーケーだからです。

 

具体例でいいますね。

たとえばホステスをしていて、旅費交通費があるとします。確定申告書をつくるには、この勘定科目の年間合計金額だけ知れれば問題ないです。

 

なので、いちいちつぎのような内容の仕訳を会計ソフトに入力しなくていいです。

 

1月5日 タクシー代 3,240円

5月3日 タクシー代 5,400円

7月7日 タクシー代 1,080円

 

まとめて

12月31日 タクシー代 9,720円

でオッケーです。(日付も適当で良いですw)

 

その代わり、明細はExcelなどに入力して管理しておきましょう。

 

なんでこんなことをするかというと、会計ソフトの仕訳数は少ない方が綺麗で管理しやすいからです。間違えをふせぐためにも、勘定科目ごとに年間合計金額を入れればいいですよ。

 

年間の合計金額さえわかれば、freeeのチェックリストに答えれば確定申告書が作れますよね?

まとめ:おすすめの会計ソフトはすべて無料で始められます!

クラウドで使える会計ソフトは3つありますが、確定申告書を作ることを目的とするならfreeeがおすすめです。(30日間、無料でお試しできます)

 

 

確定申告書の作り方が分かっていて、簿記の知識がある方はMFクラウドやよいの青色申告を使いましょう。

 

確定申告書の作るには、勘定科目ごとの年間合計額が知りたいので、領収書ごとにいちいち仕訳を作らなくていいですよ。

 

ゴールがなになのかを明確にすれば、どの会計ソフトを選べば良いかもわかりやすいと思います。

 

忙しいとは思いますが、確定申告に向けて少しずつ行動しましょう。

»30日間、無料でfreeeをお試しする(゚ω゚)

コメント

タイトルとURLをコピーしました