アフターコロナが不安なときの対処法【価値基準を持とう】

after-corona 転職

「アフターコロナが不安…」

「アフターコロナで働き方は変わる?」

「どんな仕事を選べば生き残れるの?」

 

上記のようなお悩みにお答えします。

 

アフターコロナで不安なのはみんな同じではないでしょうか?

 

私もコロナで収入が下がるんじゃないか、とビビっていました。

 

でも一ヵ月が経過してから、不安な気持ちを意識しすぎても「意味ないかな」と思うようになり、いつもの日常が戻りつつあります。

 

コロナで不安な生活を送っている方に、こんな考えもあるって共感してもらえるとうれしいです。

 



アフターコロナが不安なときの対処法

after-corona

アフターコロナが不安なときの対処法はこちらです。

これを実践してから、コロナの不安が解消し始めました。

 

  1. 本を読む
  2. 映画を見る
  3. ストレッチをする
  4. 固定費を削減する
  5. 助成金等を申請する
  6. 副業を始めて自分で稼ぐ
  7. スキルを学び、転職を検討

 

1、本を読む

何かに悩むと、人は本を手にとるものですよね。

 

どんな本でも構わないです。なにか本を読んで、いまの不安が解消できる答えを探してみましょう。

 

私の場合だと、太宰治の「トカトントン」を久しぶりに読み返して、そのあとテキトウなビジネス書を流し読みしました。

 

実践的な内容は、ビジネス書のほうが有効ですが、心に訴えてくるものは小説のようが効果的です。

 

いまは物語より、お金の問題を解決すべきだと考えているにもかかわらず、けっきょくなにも手がつかなくて、小説を読んでいました。

 

人は心がすり減ると、物語を求めるものなのかもしれませんね。

 

どんな小説でもいいと思います。さくっと読み切りたい方は短編小説がおすすめですね。

 

  1. 太宰治
  2. 夏目漱石
  3. 村上春樹

 

有名な作家の物語でなくてもいいですが、私は彼らが好きです。個人的に。

 

2、映画をみる

小説のほうが心に染みる、感覚にひたれます。

 

「でも本は苦手…映画のほうが好き」という方は映画もおすすめ。

 

ホラー以外のジャンルであれば、気分転換になりますよ。

 

たとえばAmazonプライムビデオなら、

 

  1. Switch
  2. トップガン
  3. マリアンヌ
  4. スノーデン
  5. リンカーン弁護士

 

が無料で見れました。

 

Hulu、U-NEXT、ネットフリックス等でも映画は見れますけれど、普段からAmazonを利用する方ならAmazonプライムビデオで十分かとおもいます。

 

3、ストレッチをする

コロナで外出を控えていたため、運動しないことが習慣になってしまった方も多いと思います。

 

まずは簡単なストレッチをするだけでも、気分転換になりますよ。

 

朝の30秒だけでいいので、ストレッチをする習慣を身につけられると大分違います。

 

心と体は密接に関わっていますよね。

 

心が疲れたと感じる時は、体を動かすと気分が晴れるものです。

ストレッチに関しては、騙されたとおもって実践してほしいです。

 

4、固定費を削減する

アフターコロナで徐々に、倒産する企業が増えてきました。またボーナスカット、求人の削減も同時進行で増加傾向です。

 

当然ですよね、企業だってアフターコロナで売上が下がるかもしれない不安をかかけているわけですから。

 

そこで私たちにできるのは、固定費の削減です。

たとえば家賃、携帯代など毎月固定の経費をなんとか削減すべき。

 

とくに家賃が高い方は引越しを考えたほうがいいかもしれませんよ。

できることなら、実家に戻るのもアリ。

 

もし仮に家賃がゼロになれば、その分だけ丸々貯金が増えるはずなのでインパクト大です。

 

コロナで自粛していた飲食店さんも、「休業中でも家賃は払わないといけない」といい続けっていましたよね?

 

家賃についてはシビアに考えてみてください。

 

5、助成金を申請する

アフターコロナの不安に備えて、お金を貯金したほうがいいですよ。

 

コロナの影響で収入が減った方は助成金があるので賢く活用すべきです。とくに「持続化給付金」がおすすめ。

 

個人事業主さんや法人さんで、ひと月の売上が前年度の同月と比べて50%ダウンしていれば、最大で100~200万円の助成金がもらえます。

 

ほかにも、家賃保証や給与保証等の助成が6月以降に開始される予定です。

 

申請方法が全くわからないのであれば、税理士に相談してみてください。

 

税務相談でなければ、私のTwitterにDMを送っていただければお答えします。

 

6、副業を始めて自分で稼ぐ

収入をお給料だけに依存していると、リスクが高いですよね。

 

コロナ騒動で実感した方は多いとおもいます。

 

アフターコロナの時代では、副業を始めて収入口を増やしておくべき。

 

メルカリなどの転売もいいかもですが、おすすめブログですね。

というもの、ブログは固定費が異常に低いから。

 

ブログにかかる固定費って、サーバー代とドメイン代だけ。

しかも年間で15,000円ほどしかかかりません。

 

私は3年間にわたって、ブログで月に数万円以上稼いできましたが、固定費はほんとに15,000円ぐらいです。

 

固定費が少ない副業で、収入を安定させましょう。

 

7、スキルを学び、転職を検討

アフターコロナに備えるならば、新しいスキルを学ぶべきですよね。

特にプログラミング関連で。

 

必要であれば、転職も考えなければいけません。

 

たとえば航空業界の人は、今後も需要がどこまで戻るのか、不透明ですよね。

それに仕事を辞めたくなくても、リストラされる可能性もあります…。

 

であれば、もしものときに備えて新しいスキルを学ぶべきではないでしょうか。

 

たとえばProgateやドットインストールを使えば、無料でプログラミングを学べます。

 

いまはすぐに何かを変える必要はありませんが、未来のためにスキルを備えておくべきですね。

 

アフターコロナでは自分の価値基準を大事にしよう

after-corona1

あれこれ書きましたし、世間はやいやいいいますが、けっきょくご自身の人生はご自身で決めなければいけません。

 

そこで大事なのが、「価値基準」です。

 

あなたの人生でなにに「価値」をおくか。

 

ひとによっては、お金が一番大事。

他のひとによっては、家族との時間が一番大事かもしれません。

 

私の場合は、お給料はそこそこもらえれば大丈夫です。

あとは自分で稼げますからねw

 

価値基準は人それぞれなので、どれが正解とかありません。

 

ご自身の経験から考えてみてください。

なにが人生で大事なのか、そのために必要は仕事はどんなものか。

 

まとめ:アフターコロナの不安と向き合い、生きてきましょう

アフターコロナが不安なときの対処法はこちらでした。

 

  1. 本を読む
  2. 映画を見る
  3. ストレッチをする
  4. 固定費を削減する
  5. 助成金等を申請する
  6. 副業を始めて自分で稼ぐ
  7. スキルを学び、転職を検討

 

アフターコロナの時代では、新しい人生の決断に迫られるかもしれません。

 

そんなときはあなたの「価値基準」に照らしあわせて、決断しましょう。

 

あなたの人生はあたなが決めるべき。

 

誰かの意見なんかより、自分の考えを信じてください。

たとえ失敗したとしても、それがまたつぎの未来に続くはず。

 

仕事選びで重視すべきことについての記事があるので、こちらもぜひどうぞ。

ホスメモ:失敗しない!仕事選びで重視したほうが3つの要素

コメント

footer

タイトルとURLをコピーしました