なんか怪しい?合同会社と株式会社の違いは?

difference 法人

「合同会社を設立したいけど、なんか怪しそう…」

「合同会社と株式会社の違いはなに?」

 

このような疑問にお答えします。

 

合同会社と株式会社の違いは、会社に出資する人(株主)と経営者が分かれていないことです。

 



合同会社と株式会社の違いは?

difference

合同会社と株式会社の違いを表にまとめましたのでご覧ください。

内容合同会社株式会社
設立費用6万円20万円
会社名(商号)合同会社株式会社
株式の公開株式はない任意
重要事項の決定機関社員総会株主総会
最低資本金の額1円以上1円以上
資本金の出資者出資者が全員社員(役員)になる出資額に応じて株主になる
会社の所有者出資者株主(代表取締役ではない)
代表者の肩書き代表社員代表取締役
必要な役員数1名以上1名以上
役員の任期任期なし最大10年
節税のメリット受けられる受けられる
世間からの信用度株式会社より低い高い
社会保険の加入義務ありあり

 

合同会社と株式会社で一番大きな違いは、会社に出資する人(株主)と経営者が分かれているかどうかです。

 

会社の所有と経営の分離について、詳しく解説していきますね。

 

株式会社は株主に所有権がある

まず知っておいてほしいのは、株式会社の所有者は、会社にお金を出資している株主です。会社の社長さんが所有者ではないんですよ。

 

聞いたことありませんか?バーを切り盛りしている店長はいるけど、そのお店のオーナーは別にいるような話し。

 

ここでいう店長は雇われ社長で、オーナーは株主です。

 

で、バーの所有者は誰か?と聞かれれば、オーナーですよね。これが株式会社にも当てはまります。

 

つまり株式会社の所有者は株主なんですよ。だから会社は雇われ社長のものではないんです。

 

株式の保有率で支配関係が決まる

そうなってくると、株式をどれくらい保有しているかによって、誰が会社を支配しているかが決まってきます。

 

上記のような例では、オーナーが会社の株式の51%以上を保有することで、実質的に会社を支配できるようになりますよ。

 

一方で合同会社は、経営者と出資者(株主)が分離されていません。経営者=出資者になるんです。

 

合同会社は出資さえすれば、対等に扱われる

合同会社ではお金を出資した人が経営者になるため、株式を発行しないんですよ。そして合同会社では、いくら出資しようが、出資者同士は対等に扱われます

 

たとえば合同会社ホスメモの資本金に、Aさんが90万円、Bさんが10万円を出資したとしましょう。これでも、AさんとBさんは対等な関係になります。

 

でもこれでは、Aさんが不利すぎますよね?

 

だから合同会社を設立するのは、家族経営の会社が多いです。第三者と合同会社を設立しても、「私の方が多く出資したのに」ともめてしまうからです。

 

また合同会社では利益配分も独自に決めます。お金の配分のルールを自分たちで決めれるので、もめそうなのが分かりますよね。

 

一方で株式会社では、株式の保有率によって利益が分配されるルールがあるのでもめにくいです。

 

このようなに、合同会社は出資者=経営者になるため、出資さえしてしまえば対等な所有権を持つことができます。

 

まとめ:合同会社は株式がないので、出資者同士がもめやすいです

 

株式会社と合同会社の違いは、会社に出資する人(株主)と経営者が分かれていないことでした。

 

株式会社は株式を保有する株主に所有権があるので、株式を51%以上保有すれば、実質的にその会社を支配することができます。

 

一方で合同会社は株式がなくて、出資者=経営者になってしまうため、出資さえしてしまえばいくら出資しようが対等に扱われます。これでは出資者同士で利益配分についてもめやすそうですよね。

 

だから合同会社は家族経営の会社に向いています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました