マネーフォワードクラウド確定申告の評判は?【ステマなしの感想】

mfcloud 確定申告

マネーフォワード クラウド確定申告を使いたいけど、評判が気になる…」

「実際にマネーフォワード クラウド確定申告を使ったひとのレビューを知りたい」

 

このような疑問にお答えします。マネーフォワード クラウド確定申告は、freeeとやよいの青色申告の中間的存在で、そこそこ会計知識がある方におすすめのソフトです。

 



実際に使ってわかったマネーフォワードクラウド確定申告の評判

mfcloud

実際に使ってみて感じたマネーフォワード クラウド確定申告の良かった点、悪かった点をまとめました。

  • 良かった点:見やすい画面で、操作もしやすい
  • 良かった点:口座同期でエラーが少ない
  • 悪かった点:確定申告書が作りづらい

 

良かった点:見やすい画面で、操作もしやすい

使ってみるとすぐに分かるのですが、マネーフォワードクラウド確定申告はデザイン性がいいですよ。

 

会計ソフトってデザイン性に乏しいものがほとんどなんですけど、マネーフォワードクラウド確定申告は美しいくらいに整ったデザインだと思います。

 

デザインが良いと帳簿も見やすくなるので、違えに気づきやすいですし、作業効率も上がるんですよね。これって数字で評価しづらいから、あくまで私の肌感覚ですけど。

 

また操作もしやすいです。マネーフォワードクラウド確定申告はどのクラウド会計ソフトよりも動作が早いので操作しやすいです。一方で、やよいの青色申告は動作は遅めだし、デザイン性も乏しくて、操作しづらい…

 

使いやすさという意味ではマネーフォワードクラウド確定申告が一番おすすめです。

 

良かった点:口座同期でエラーが少ない

使いやすさにつながりますが、マネーフォワードクラウド確定申告は口座同期のエラーが少ないです。エラーが全くないワケではないですけど、freeeに比べれば少ないですね。

 

同期した口座にエラーがあると、ストレスはんぱなんですよw

また口座にログインしなくてはいけなくて、これがめんどさくて会計ソフトを使わなくてなってしまうことがあるくらいですww

 

基本的に会計ソフトを使うのはめんどくさい。できれば使いたくないものなので、エラーが少ないというのはけっこう好評価していいと思います。freeeはエラーが多めなので、もうちょっと改善すべきですね。

 

悪かった点:初心者には確定申告書が作りづらい

freeeと比べてしまうと、やっぱり確定申告書は作りづらいです…

 

一言でいってしまえば、教科書どおりの説明しかないんですよね。その教科書どおりの説明にあわせて、確定申告書の作成を行なうので、確定申告書の仕組みをある程度知っていないとワケが分からなくなってしまうと思います…

 

一方でfreeeでは◯×の質問形式になっていて、答えがノーなら記入する必要がなく、答えがイエスなら必要事項を記入していく流れです。これなら確定申告書の仕組みが分かっていなくても、確定申告書を作成できるんです。

 

freeeと比較してしまえば、マネーフォワードクラウド確定申告はちょっと確定申告書の作成が難しめになります。

 

つづいてはマネーフォワードクラウド確定申告のおすすめの使い方をご紹介しますね。

マネーフォワードクラウド確定申告のおすすめの使い方

 

マネーフォワードクラウド確定申告を2年間使い続けてきた私がたどり着いた結論がこれです。

  1. 同期させるのは、クレジットカード1枚だけにする
  2. 月々の経費の明細はExcelで管理する

 

同期させるのは、クレジットカード1枚だけにする

残念なお知らせですが、銀行口座やクレジットカードを同期させて自動で仕訳を作成する機能は使わないほうがいい、もしくはクレジットカード1枚だけにとどめておくのがいいです。

 

freeeややよいの青色申告でも、「口座と同期できるので仕訳の作成が自動です!」とセールストークを繰り広げていますが、正直いって使いづらいです。

 

実務者レベルの話しをすれば、通帳明細やカード明細はcsvをインポートしたほうがずっと早いしミスもないんですよ。

 

マネーフォワードクラウド確定申告と口座を同期してしまえば、取引の承認ボタンをぽちぽち押さないといけないですし、口座の同期エラーが出たときはうざすぎます。

 

なので、極力、口座は同期しないつもりでいたほうがいいですね。もしどうしてもというのであれば、クレジットカード1枚だけにとどめておきましょう。

 

月々の経費の明細はExcelで管理する

誤解のないようにいうと、会計ソフトではBSとPL、あと申告書の作成さえできればOKなので、取引データを1つ1つすべていれる必要はないんです。

 

その代わり、経費の明細はExcelなどで管理する必要はあります。たとえば、1月分の出張経費をマネーフォワードクラウド確定申告に入力するときに、1/15のタクシー代が1,000円、1/16の電車代が500円、、、というようにおなじ勘定科目の経費を一つひとつ入力するのはよくないです。

 

会計ソフトに仕訳を作れば、作るほど帳簿はごちゃごちゃになりやすい。だから、明細についてはExcelで管理して、月の合計額だけを入力してしまえばそれでOKです。

 

まとめ:マネーフォワードクラウド確定申告はもっとも操作しやすいです。評判もOK

 

私がマネーフォワードクラウド確定申告を使い続けて感じたことはこれでした。

  • 良かった点:見やすい画面で、操作もしやすい
  • 良かった点:口座同期でエラーが少ない
  • 悪かった点:確定申告書が作りづらい

 

マネーフォワードクラウド確定申告は、デザイン性と操作性が良いので使っていて楽しい会計ソフトだと思います。デザインがいいというのも、作業の効率化につながる話しなので重要ですよ。

 

一方で、確定申告書の作成はちょっと教科書的で、もうすこしユーザーに寄り添う設計にしたほうがいいのかなと思います。その点で言えば、freeeはかなりユーザー目線ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました