雑所得があると、いくらから確定申告?【副業】

zatushotoku 確定申告

「副業でいくら稼ぐと確定申告なのか知りたい…」

「雑所得が20万円までだったら確定申告はいらない?」

 

このような疑問にお答えします。結論を言ってしまうと、副業で20万円を超えて稼ぐと確定申告が必要になりますよ。

 



雑所得があると、いくらから確定申告?

zatushotoku

会社員の方が副業をすれば、雑所得として扱われますよね?この副業で稼いだ雑所得が20万円を超えた場合、確定申告をする義務が生じます。

 

給与所得がある方が確定申告をするときの収入額

  • 給与の年間収入金額が2,000万円を超える方
  • 給与を1か所から受けていて、かつ、その給与の金額が源泉徴収の対象となる場合において、各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く。)の合計額が20万円を超える方
  • 給与を2か所以上から受けていて、かつ、その給与の金額が源泉徴収の対象となる場合において、年末調整をされなかった給与の収入金額と、各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く。)との合計額が20万円を超える方など

国税庁:給与所得がある人

 

会社員の方は、お給料をもらっているので、給与所得がある人に該当します。なので、副業で20万円を超えて稼げば、確定申告をする必要があります。

 

正直言ってめんどくさいですよね…とはいえ、「確定申告をしない」という選択肢はありませんから、確定申告するしないないです。

 

「ちょっとくらい確定申告しなくてもバレないんじゃないの?」と思う方もいるはずなので、どうして確定申告をしないとバレるのか解説します。

確定申告しないとバレる?

確定申告してないと税務署にバレます。なぜかというと、税務署は銀行口座を見ることができるからです。なので、あなたの口座に副業の売上が振り込まれていれば、まずバレていると思ってください。

 

会計事務所で働くとわかるのですが、会社は法定調書という書類を毎年1月末に提出しています。この法定調書には、企業が1年間で支払った報酬が含まれています。たとえば副業でライターをしていれば、その報酬について取引先の企業は税務署に報告をしているんです…

ちなみに取引先が個人事業主の場合もおなじです

 

つまり、税務署は銀行口座と取引先の企業からあなたの報酬を把握することができちゃいます。

 

ここで気になるのが、「副業は会社にバレない?」かどうかですよね。

結論を言ってしまうと、副業がバレないようにする方法はあります。それが確定申告ですw

副業をバレないようにする方法

確定申告で、住民税は「自分で納付」するを選択すれば会社に副業をバレないようにできます。

side-tax

どういうことかというと、副業をすれば所得が上がるので住民税の金額も高くなります。この副業で高くなった分の住民税を、自分で払えばいいだけの話しです。

 

会社は従業員の住民税を管理していて、その金額にずれがあれば、きっちり調べるのでバレちゃうんです。もちろん、粗探しのために調べるわけではなくて、仕事だからですが。

 

支払業務をしている経理さんは、上司の承認を得て始めて、支払をします。上司から承認をもらうには、管理していた住民税額と、実際にとどいた住民税の納付書が一致している必要があります。

 

なので、会社に副業で増えた住民税額が通知されてしまえば、副業がバレてしまうのです…

 

まとめ:副業で雑所得がある方は確定申告をしましょう

雑所得で20万円を超えて稼ぎが出た方は、確定申告の義務がありますよ!

 

税務署は銀行口座を見れますし、企業から報酬の報告も受けているのであなたの報酬はすでに知らされています…

 

もし放置していれば、会社に副業で高くなった住民税が通知されて、会社に副業がバレちゃいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました