損しない!ホステスが確定申告で使いたい領収書・レシートのもらい方

receipt 経費

この記事に訪れていただけたということは、確定申告をすることを前向きに考えているかただと思います。とてもいいことです。

 

確定申告は生涯にわたって関わるものなので、はやくマスターしたほうがです。

 

領収書やレシートは金券ともいわれています。どういうことかというと、確定申告をすれば、所得税と住民税と国民健康保険料の3つが安くなるからです。

 

概算にはなりますが、1枚の領収書の金額の15〜30%の金額を節約ができます。すごいですよね。

 

ところで、ふだんは何気なく受けとっていた「領収書」や「レシート」も「確定申告」をするとなると、気になることが出てきます。

 

たとえば「領収書の宛名や但し書きはなんて書けばいいの?」という質問はよくあります。個人のホステスさんだけでなく、法人のクライアントからも聞かれることが多い質問です。

 

ホステスが確定申告でつかえる領収書やレシートのもらい方をご紹介しましょう。

 



ホステスが確定申告でつかうのは領収書とレシートのどっち?

which-is-necessary

確定申告でつかうのは「領収書」と「レシート」のどちらでもかまいません。しいて言うなら、レシートの方がいいです。理由は購入明細が印字されているからです。

 

領収書だと、日付、宛名、但し書き、金額が書いてあるだけで、ぐたいてきに何を買ったのかまでわかりません。

 

これを逆手にとるひとがなかにはいます。

 

たとえば、コンビニで買い物をすると「レシート」をもらいますよね。事業でつかうものを買ったのであれば、レシートが経費を証明する資料になります。

 

でもなかにはコンビニで「領収書」ももらう方がいます。どうしてかわかりますよね。

購入明細が印字されていないので、たとえ本来は経費にならないもの買ったとしても、パッと見ただけではわからないからです。

 

あまりよくない方法ですが、経費に入れている人が多いのが実情です。

 

くれぐれも税務調査で指摘されるときのリスクを考えて、経費に入れましょう。

 

ホステスが確定申告でつかえる領収書とレシートのもらい方

how-to-get-receipt

基本はレシートをもらった方がいいと、さきほど書きましたが、領収書をもらったほうがいいときもあります。また領収書やレシートをもらえないこともあります。そんなときに対処する方法をお伝えします。

 

高額なものを購入したときにもらうのは領収書

get-bills

金額が大きいものを購入したときは領収書をもらいましょう。なぜなら「宛名」が書かれているからです。「宛名」が書かれていれば、誰が支払ったのか一目でわかりますよね。

 

レシートには宛名がないので、誰が支払ったものか客観的に判断するのがむずかしい。なかには他人から領収書やレシートをかき集めて、確定申告をするひとがいるからこういった対策も必要になります。

 

宛名に「上様」と書くのはできるかぎり控えましょう。「源氏名」でもかまわないので、宛名は書いてください。

 

1枚のレシートに事業とプライベートのものがあるときは?

receipt

事業でつかうものとプライベートでつかうものの両方が、1枚のレシートに印字されていることもありますよね。

 

そういうときは、事業でつかったものだけを色付きマーカーで線を引いて、事業でつかった金額のみを計上します。

 

めんどうな作業かもしれませんが、税務調査に来られたときに、まじめに帳簿をつけているアピール材料にもなりますのでしっかりやりましょう。

 

領収書やレシートをもらえないときは?

no-receipt

なかには領収書やレシートをもらえないときがありますよね。たとえば、ホステスのアフター代です。ヘルプの女の子に払うタクシー代などは後から領収書を受けとるのはむずかしいですよね。

そういうときは、ノートに「メモ書き」を残してもらうか、「出金伝票」を書いてください。

 

書いておいたほうがいい項目は、「日付」、「金額」、「取引の内容」、「支払先の名前」です。

 

アフターでヘルプの女の子にはらうタクシー代の場合ですと、

5月13日 タクシー代 5,000円  Aさん

と書いておけば問題ないとおもいます。

まとめ

ホステスは入るお金も多いですが、出るお金を多いですよね。確定申告をみすえて、領収書とレシートをあつめてもらえば、節税につながります。

 

確定申告をするだけで、所得税、住民税、国民健康保険料がやすくなるので、日々のお仕事から意識してみてください。

 

わからないことがあれば、いつでもお気軽にご連絡ださい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました