一目でわかる!ホステスが確定申告でつかえる経費のまとめ

expense-for-hostess 経費

確定申告の第一歩は「経費」の資料をあつめること。これが意外と大変で、なかなか準備できないひとが多いです…

 

どれが経費になるのか悩んでしまってやる気がなくなったひとが多いのではないでしょうか。そこで、だれでもわかるようにホステスの経費をまとめました。

 

また経費を集めやすい方法もお伝えします。

 



ホステスが確定申告でつかえる経費のまとめ

expense-for-hostess

ホステスの経費を表にまとめました。

 

資料の
種類
資料の
名前
かんたんな説明
経費 衣装費 Ex.ドレス、着物、上着、下着、アクセサリー、靴
美容費 Ex.ヘアセット代、化粧品、エステ、美容院、コンタクトレンズ、ネイル
消耗品費 Ex.スマホ、パソコン、ノートなど文房具
通信費 Ex.インターネット代、電話代
会議費 Ex.カフェ代、打ち合わせしたときのご飯代、飲み物代
接待交際費 Ex.ご飯代、ゴルフ、お土産、お歳暮
地代家賃 Ex.自宅の家賃
水道光熱費 Ex.電気代、ガス代、水道代
旅費交通費 Ex.自宅までのタクシー代、電車代、バス代
新聞図書費 Ex.ビジネス本、話題づくりのための本
カード明細 経費になるところだけピックアップ
通帳

 

経費になるか判断する基準は、「事業でつかったものか」と「プライベートな要素があるか」です。

 

たとえば、タバコを吸わないホステスがお客様の好きなタバコの銘柄をおぼえていて、お店でタバコを渡すとします。

これは完全に経費になりますよね。プライベートで使う要素もなさそうです。ちなみに「接待交際費」。

 

もう一つ例を挙げると、エステ代です。綺麗でいたほうがお客様も喜ぶので、定期的にエステに行っているとします。

 

もちろん、エステ代も経費になります。けれども、100%の金額を経費にしないほうがいいと思います。なぜなら、「プライベートな要素」が強いからです。一般的に考えて、プライベートでもエステに行って綺麗になりたいとおもうかたが多いですよね。

 

そのため、エステ代の30%ほどを経費として計上するのがおすすめです。

他もの経費によって、全額を経費にしないほうが良かったりします。

 

家賃もホステスの経費にいれたい

rent-fee-as-expense

家賃を経費にしたいかたは多くいます。たとえば、家でお客様への営業メールを打っていたりすれば、仕事をしていることになるので家賃を経費にできます。

 

ただ、一日中ご自宅で仕事をしているわけではないですよね?そのため、家賃の金額の30%を計上しておくのがよいとおもいます。

 

領収書がないときはどうすればいい?

no-bills

カード明細書や通帳を見てみましょう。

領収書がなくても、カード明細や通帳に取引の記録があるかもしれません。

 

どうしても領収書がない場合は、だいたいの金額を勘定科目ごとに計算して、メモ書きを残してください。

 

勘定科目ごとの支払額は前年度と比べても、あまり変わらないことが多いです。いい例が水道光熱費で、ほとんど変動しないです。

 

カードで払うと経費を集めやすい

pay-by-credit-card

普段からカードで支払をすることをおすすめします。そのほうが領収書を勘定科目ごとに振り分ける必要がなくなるからです。

 

またカードの取引は「freee」や「MFクラウド」をつかえば、自動で「仕訳」を作ってくれます。

 

現金で払ってしまうと、じぶんで集計して入力までやらなくていけないので、事務作業を効率化するためにもカードで払うことがだいじです。

 

さらにカードで払えばポイントがつきますよね。

ホステスのかたにおすすめなのは「楽天カード」や「アメックスカード」です。

 

理由は審査が通りやすくて、ステータスのあるカードを作りやすくポイントも貯まりやすいことです。楽天ならすぐに、ゴールドのステータスがある楽天プレミアムカードまで作れますよ。

 

経費を集めたら確定申告書を作ってみましょう

経費を集めたら、freeeにデータを入力して確定申告書を作ってみましょう。

これがfreeeで作った確定申告書です。

tax-return-freee

freeeには◯×で答えるチェックリストがあるので、下記の質問に答えるだけで誰でも確定申告書が作れちゃいます。なにか覚える必要は一切ありません。質問に答えるだけで確定申告書が作れます。

 

番号 確定申告のチェックリスト(ホスメモ)
1 会社から給与を受け取りましたか?
2 給与以外に源泉徴収されている収入はありますか?
3 税理士や弁護士などに報酬を支払いましたか?
4 仕事とプライベートで兼用しているものはありますか?(家事按分)
5 病気等で病院に行ったり、医療用の市販薬を購入しましたか?
6 ふるさと納税などの寄附をしましたか?
7 養っている配偶者はいますか?
8 子供などの扶養家族はいますか?
9 生命保険に加入していますか?
10 地震保険に加入していますか?
11 国民年金に加入していますか?
12 国民年金基金に加入していますか?
13 国民健康保険に加入していますか?
14 その他の社会保険料を支払っていますか?
15 小規模企業共済や企業型・個人型年金等の掛金を支払っていますか?
16 過去10年以内に住宅ローンを組んでマイホームを購入またはリフォームしましたか?
17 税務署から予定納税額の通知書は届きましたか?
18 株式の取引はありますか?
19 仮想通貨の取引はありますか?
20 FXの取引はありますか?
21 前年度に損失を繰り越しましたか?

 

しかもfreeeは30日間無料です。まずは無料でお試ししてみましょう。

freeeのページで「無料で始める」をクリックしてください。

freee-lp

 

つづいて、個人事業主を選んで、メールアドレスとパスワードを設定します。

freee-ad

 

業種を選ぶこところがありますが、ホステスさんは「その他サービス業」でOKです。ちなみに確定申告書に書く職業欄は「接客業」や「人材派遣業」などを選ぶ方が多いですよ。

freee-info

 

その後、freeeのプランを選ぶページに飛びます。文字が小さいのですが、「スタータープランのお試しはこちら」を選択してください。これで無料体験できます。

freee-plan

 

これでfreeeが使えます!確認として、赤字で「スタータープラン残り30日」と表示されていれば平気です。

*30日以降も利用する場合は、クレジットカードを登録する必要があります。

freee-start

 

freeeを始めたい方はこちらからどうぞ始めてみましょう。

» freeeを無料体験する(。・x・)ゞ

*freeeを使った確定申告書の作り方は「freeeで確定申告書を作る方法」を参照してください。freeeではなくて、マネーフォワードで確定申告をしたい方は「マネーフォワードクラウド確定申告の使い方」をどうぞ。確定申告書の作り方までまとめてあります。

まとめ:ホステスは経費を集めて確定申告しましょう

ホステスの経費は「事業にかかわるものか」で「プライベートな要素はないか」が判断の基準になります。事業でつかったものであれば、なんでも経費にできます。

 

とはいっても何事も加減がだいじですよね。やり過ぎは良くないですし、初めてのかたは判断がつかないこともあるかもしれません。そのようなときは税理士に一度相談するのがよいとおもいます。

 

しかし、税理士さんに確定申告を頼むと安くても10万円はかかります…

一方でfreeeなどの会計ソフトを使って、確定申告をすれば無料で済みます!

 

これって、大きな差ですよね。しかも確定申告は毎年するので、今から自分で確定申告をできるようになっておけば、ムダに税金を払わないで済みます。

さっそく会計ソフトを使って確定申告を始めてみましょう。

» freeeを無料体験する(。・x・)ゞ

 

✔️この次におすすめな記事

開業届ってホステスも提出するの?

65万円控除が使える青色申告にしよう

ホステス向けのクレジットカード3選

 

✔ホステスさんにおすすめのクラウド会計ソフト

  • freee:初心者向けのクラウド会計ソフト。一番カンタンに確定申告書が作れます。メールアドレスを登録するだけで、1ヶ月無料でお試しできます。
  • MFクラウド:中級者向けのクラウド会計ソフト。こちらもメールアドレスを登録するだけで、1ヶ月間無料でお試しできます。
  • 弥生会計:老舗の会計ソフト。多くの中小企業で利用されています。クラウド会計についてはやや遅れ気味。

 

✔ホステスさんにおすすめの税理士紹介サービス

  • 税理士ドットコム:老舗の税理士紹介サイト。質のよい税理士が多数在籍している。掲示板もあるので、他の人の悩みも覗けるのが好評。相談料は無料です。
  • ベンチャーライフ:格安で確定申告をしてくれる税理士を紹介するサービス。お問い合わせで、要望を伝えるだけで、あなたにぴったりな税理士を紹介してくれます。
  • シェアーズ:個人事業主に強いがある税理士紹介サービス。ただ、ネットであまりいい評判を聞かないです…

コメント

footer

タイトルとURLをコピーしました