どこまで会議費?アルコールありの飲み会もOK?【一人5000円】

 

「どこまで会議費なるの?」

「アルコールありの飲み会はあり?」

 

このような疑問にお答えします。

法人の場合は、交際費に上限があるのでできるかぎり会議費で経費を落としたいですよね。

 



どこまで会議費?アルコールありの飲み会もOK?

結論をいうと、アルコールありの飲み会でも会議費になります。

ただし、条件があって一人当たり5000円以下におさえることです。

 

次に掲げる費用は交際費等から除かれます。

(2) 飲食その他これに類する行為(以下「飲食等」といいます。)のために要する費用(専らその法人の役員若しくは従業員又はこれらの親族に対する接待等のために支出するものを除きます。)であって、その支出する金額を飲食等に参加した者の数で割って計算した金額が5,000円以下である費用

国税庁:交際費の範囲

 

たとえば2人で居酒屋にいって支払が15000円だったとしましょう。

この場合は一人当たり7500円なので、会議費ではなく交際費になります。

 

上記の例で3人だったとすれば、一人当たり5000円なので会議費です。

 

つまり、一人当たり5000円以下であるかどうかが大事です。アルコールの有無は関係なしですね。

 

会議費の具体例

こんな費用が会議費で処理されます。

  • 会議を行う上で必要な、飲食代(お茶、コーヒー、お菓子、お弁当)
  • 会場利用料、貸し会議室の費用・喫茶店費用、会議資料代など
  • 得意先との接待飲食代のうち、1人あたり5,000円超えないもの
  • 社員が社内外で会議や打ち合わせに利用した飲食代

 

よくあるのは喫茶店の費用ですね。

スタバ、ドトール、ルノアールなどのカフェで会議をすればすべて会議費で処理できるので、経費漏れのないようにしましょう。

 

会議費は金額が大きくないですが、ちりつもでそこそこかかっています。

できるかぎり会議費はつかっておくといいと思いますよ。

 

会議費などの経費を払うときはクレジットカードで

カフェなどの決済はクレジットカードで済ませる習慣をつけましょう。

現金で払うと、ポイントはもらえないですし、レシートの管理が大変です。

 

一方でクレジットカードなら、ネットで利用額の管理ができますし、万が一レシートを失くしてもカード明細を見れば良いので、経費漏れもなくなります。

 

決済の方法はクレジットカードだけではなくて、LINEペイやPayPayでもOKです。

最近はPayPayで決済額の20%還元キャンペーンをしているので、PayPayで経費を払った方がだんぜんおとくです。

 

でもPayPayで決済するには、クレジットカードが必要なのでけっきょく仕事用のクレジットカードは必要ですね。

 

審査が通りやすく、使いやすいのは楽天カード

とくにカードブランドにこだわりがないのであれば、楽天カードがおすすめです。年会費が無料ですし、審査が通りやすいのですぐにカードを発行できます。

 

「普通のクレジットカードではちょっと恥ずかしい」という方には楽天プレミアムカードがいいですよ。楽天プレミアムカードは、年会費が1万円ですが、初年度は1万円分のポイントがもらえるので実質ゼロ円です。

 

しかも楽天プレミアムカードなら、900ヶ所もある国内と海外のラウンジが使えるようになるプライオリティパスに無料で入会できるので、旅行が好きな方におすすめです。

 

まとめ:一人当たり5000円以下ならアルコールありでも会議費です

 

一人当たり5000円以下ならアルコールありでも会議費で処理できます。ただし、お仕事の会議をしていることは絶対条件なので、忘れないようにしてくださいww

 

ただ飲み会をして、一人あたり5000円以下にしたってダメですw

 

またカフェ代を払うときはPayPayやLINEペイを積極的に使った方がいいですよ。いまなら20%還元のキャンペーンをやってます。

 

PayPayなどを利用するには、クレジットカードが必要なので、まだ持ったない人は楽天カードを1枚作っておきましょう。審査が通りやすいのでだれでも作れると思います。

楽天カード

楽天プレミアムカード

コメント

footer

タイトルとURLをコピーしました