飲料水も?消費税が8%の対象になるものまとめ【軽減税率】

c-tax 経費

 

「消費税8%が対象なものはなに?」

「飲料水も8%できるの?」

「お酒はダメ?」

 

上記のような疑問にお答えします。

消費税が増税されましたが、軽減税率によって8%になるものがありました。

またスマホやクレカで決済をすれば、キャッシュレス還元を2%or5%もらえますよ。

ちなみに2020年6月までです。

 



消費税が8%の対象になるもの

軽減税率により、消費税が8%になるのは下記の3つだけ。

いわゆる生活必需品については税負担を下げる狙いがあります。

 

  1. 食品
  2. 飲料水
  3. 新聞

 

しかし、この3つでも軽減税率の対象外になり、消費税が10%になる場合があります。

ここだけ理解すれば、今回の消費税率は十分対応できますよ。

 

食品や飲料水で消費税が10%のもの

軽減税率の対象外で、食品や飲料水で消費税が10%になるものはこちら。

 

  1. 外食したとき
  2. 酒などのアルコール飲料
  3. 医薬品ではない栄養ドリンク

 

外食は贅沢なので10%、アルコールや医薬品の栄養ドリンクは生活必需品とはまではいえないから10%というワケですね。

 

わかりづらいかもですが、2%の差はかなり大きいですよ。だって金利で考えれば定期預金で金利2%だったらけっこう稼げちゃいますもんね。

 

消費税が8%になっているかはレシートで確認しよう

軽減税率が適用されているかはレシートで確認しましょう。

 

たとえば先日セブンイレブンでポテチを買ったのですが、消費税率は8%で課税されていました。

c-tax

一方で封筒は10%で課税されています。

こんな感じで、消費税の区分はレシートに記載されているので、毎回確認しておくことが大事です。

 

キャッシュレス還元もある

スマホやクレカで支払えば、キャッシュレス還元がもらえます。

 

キャッシュレス還元率は2%or5%なので、これもまたけっこう大きいですね。

キャッシュレス還元をもらうには、対象のお店で、スマホやクレカで決済する必要があります。

 

まあ、コンビニや大手スーパーはキャッシュレスを導入しているので、お得ですね。

ちなみにセブンイレブンなどコンビニはキャッシュレス還元率が2%でした。

 

まとめ:消費税が8%で対象になるのは食品、飲料水、新聞です

軽減税率が適用されて、消費税が8%になるのはこちらした。

 

  1. 食品
  2. 飲料水
  3. 新聞

 

しかし、上記のなかでも軽減税率の対象にならないものもありました。

 

  1. 外食したとき
  2. 酒などのアルコール飲料
  3. 医薬品ではない栄養ドリンク

 

ようは生活必需品ではないと、政府が判断したものは8%になりませんw

 

消費税は増税されましたが、キャッシュレス決済をすれば、2020年6月までは2%or5%の還元が受けれます。

 

当分の間は、スマホやクレカ決済を徹底させておくべきですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました