年末調整

年末調整の書類の保存期間はいつまで?税務署には提出するの?

「年末調整の書類を保存する期間はいつまで?」「書類はすべて税務署に提出する?」このような疑問にお答えします。年末調整の書類は、7年間も保存しなければいけません…なぜ7年間かというと、税務調査の対象となる期間が最大で7年間だからです。
年末調整

年末調整の還付金はいつ戻るの?【公務員・サラリーマン向け】

「年末調整の還付金が振り込まれる時期を知りたい」「還付金はいつもらえるの?」上記のような疑問にお答えします。年末調整の還付金は12月〜1月ごろに12月分のお給料と一緒に振り込まれますよ。もし2月に還付金が戻ってきたら、それは会社の経理が追いついていないと思われます…
年末調整

もう遅れない!年末調整で提出する必要書類は?【サラリーマン向け】

「年末調整で会社に提出する書類を知りたい…」「書類の提出が遅れてしまったときはどうすればいい?」サラリーマンや公務員の方に向けて、上記のような疑問にお答えします。年末調整で必要な資料は大きくわけて5つあります。また年末調整の資料で漏れがあったり、提出が遅れてしまったときは確定申告をしましょう。
節税

3000万円も控除!?マイホームの売却で税金の特例を使おう

「住宅ローンが払えなくて、マイホームを売却しようか考えている…」「マイホームを売却するときに税金の特例があるの?」「3000万円も控除される?」このような疑問にお答えします。マイホームの売却では3,000万円の控除があります。また不動産売却で稼いだ所得は「譲渡所得」といい、給与所得や事業所得とは税金の計算方法が異なります。あわせて解説しますので参考にしてください。
節税

中古住宅でも住宅ローン控除の対象になる?条件はなに?

「中古の物件を購入するのでを住宅ローン控除の条件を確認したい」「家の広さはどれくらいあれば対象になる?確認方法は?」「住宅ローンの期間は10年以上じゃないとダメ?」このような疑問にお答えします。住宅ローン控除の対象となる新築の条件はぜんぶで5つありますよ。住宅ローン控除は10年間で最大400万円分の控除が受けれますので、かならず取得できるようにしましょう。
節税

住宅ローン控除の対象となる新築の5つの条件とは?【広さ・期間】

「新築を建てるので住宅ローン控除の条件を確認したい」「新築の広さはどれくらいあればいい?確認方法は?」「住宅ローンの期間は10年以上じゃないとダメ?」このような疑問にお答えします。住宅ローン控除の対象となる新築の条件はぜんぶで5つありますよ。住宅ローン控除は10年間で最大400万円分の控除が受けれますので、かならず取得できるようにしましょう。
借金

借金の返済は節税ではない?住宅ローン控除なら節税できるの?

「借金の返済は節税ではないってほんとう?」「住宅ローン控除なら節税できるの?」このような疑問にお答えします。経費になるのは、あくまで利息分だけなので、借金の返済は節税にはならないんですよね…しかし住宅ローンの返済の場合、税額控除を受けれるので節税になりますよ。
確定申告

青色申告の帳簿の作り方まとめ【現金出納帳・仕訳を例で解説】

「青色申告の帳簿の作り方を知りたい…」「現金出納帳ってどのように作るの?」「仕訳も作りたい」このような疑問にお答えします。小規模の個人事業主さんであれば、帳簿はシンプルで、現金の入出金を表現できていれば問題なしです。青色申告の帳簿とはいえ、仕訳は2パターンだけに絞り込めるので、知識がなくてもOKです。
借金

借金で税金を控除できる?経費にはならない?【確定申告】

「借金で税金を控除できないの?」「借金は経費にできる?」このような疑問にお答えします。残念ながら、借金は経費になりませんし税金の控除にもなりません…しかし借金返済で発生した利息は、経費になります。支払利息はきちんと経費に計上しておきましょう。
確定申告

青色申告のやり方まとめ【帳簿・申告書の書き方も解説】

「青色申告の帳簿のつけ方がわからない…」「青色申告ではなにが経費になるの?」「青色申告で控除は使える?」「確定申告書も作りたい」このような疑問にお答えします。青色申告で確定申告をされる方に向けたまとめ記事になります。個人事業主さん向けに書きましたが、サラリーマンの方にも共通する内容になりますので参考にしてください。
タイトルとURLをコピーしました