確定申告

会計ソフトを使う目的はなに?本当に必要なの?【確定申告】

「会計ソフトを使う目的はなに?」「本当に会計ソフトは必要?」上記のような疑問にお答えします。会計ソフトを使うべきか悩んだときは、ゴールから逆算するといいですよ。つまり、ほとんどの方は確定申告が目的なので、ラクに確定申告書が作るために会計ソフトが必要なのかを考えるべきですね。
確定申告

会計ソフトを使わないでも平気?確定申告はどうする?

「会計ソフトは使わなくても平気?」「会計ソフトを使わないで確定申告までしたい」上記のような疑問にお答えします。小規模のうちは会計ソフトを使用せず、エクセルで帳簿を管理する方法もありますよ。また確定申告では裏技もありますwただしそれなりの規模になったら会計ソフトに移行しましょう。
確定申告

会計ソフトはいつから使うべき?使わなくても平気なの?【確定申告】

「会計ソフトはいつから使うべき?」「使わなくても平気なの?」「確定申告には必要?」上記のような疑問にお答えします。結論をいうと、経営状況を把握したいのであれば会計ソフトは早めに使うべき。でも確定申告をしたいだけであれば、2~3月だけ会計ソフトを使うのもアリですね。
確定申告

会計ソフトがあれば簿記の知識はいらない?初心者でも平気なの?

「会計ソフトに簿記の知識はいらない?」「初心者でも平気?」上記のような疑問にお答えします。確定申告書の作成が目的であれば、簿記の知識はなくてもOKです。ただし、帳簿を作成するには、ある程度の簿記と税金の知識は必要です。テキトウな数字で確定申告をしてしまうと、結果的に所得隠しになってしまいペナルティを受ける可能性がありますので…最低限の知識は持っておきましょう。
確定申告

税理士の確定申告料はいくら?安くする方法はあるの?【会計ソフト】

「税理士の確定申告料はいくら?」「安くする方法はあるの?」上記のような疑問にお答えします。税理士に確定申告を依頼すると10万円前後かかります…正直に申しあげて、けっこう高いですよね…なので確定申告を安くすませる方法もお伝えしますね。
確定申告

優秀な税理士の選び方【5科目合格が優秀です】

「優秀な税理士を雇いたい…」「税理士をどのように見極めればいい?」上記のような疑問にお答えします。優秀な税理士は、税理士試験で5科目合格しています。しかし残念なことに、優秀な税理士は顧問料が高いケースが多いんですよね。でも優秀であれば、その分節税できているはずなので、顧問料は節税効果とセットで判断しましょう。
確定申告

使えない税理士の特徴とは?顧問契約を変更すべき?【ダメな税理士】

「税理士が使えない…」「税理士を変えるべきかもしれない…」このようなお悩みにお答えします。使えない税理士はまず質問がありません。資料を受け取ってから、「帳簿や申告書を作りました」と報告されている場合は税理士がミスをしている可能性が非常に高いので注意してください。
確定申告

年収と所得の違いは?扶養の判定基準はどっち?【合計所得金額】

「年収と所得の違いを知りたい…」「扶養内にするには、年収と所得どちらで判断すればいいの?」上記のような疑問にお答えします。年収はいわゆる売上とほぼ同意義ですので、経費が引かれていません。いっぽうで所得は売上−経費の残高です。そして扶養の判定では、合計所得金額がいくらなのかが重要になりますよ。
確定申告

青色申告の65万円控除の節税効果はいくら?検証してみました

「青色申告の65万円控除でどれくらい節税できる?」「青色申告のほうが白色申告よりも有利なの?」「青色申告のメリット・デメリットは?」上記のような疑問に御答えします。青色申告特別控除があれば、所得税、住民税、国民健康保険料が下がるのでかなり節税になりますよ。手取りで8〜36万円は節税になるので確実に適用しましょう。
転職

週3、4勤務の正社員は社会保険に入れる?条件は?【短時間正社員】

「週3、4勤務の正社員は社会保険に入れるの?」「社会保険に入るための条件は?」上記のような疑問に御答えします。結論をいうと、雇用契約等に規定があれば週3、4勤務の正社員は社会保険に入れますよ。
タイトルとURLをコピーしました